ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1645人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

合否判定システム

東京学芸大学
教育学部

no image

写真

野道美友さん

東進衛星予備校東岡崎駅前校

出身校: 岡崎高等学校

東進入学時期: 高2・7月

所属クラブ: 男子バレーボール部 マネージャー

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

苦手科目を見つめ直すことで自分のやるべき事が明確になりました。

 東進に入学する前は何から手を付けてよいか分からず、闇雲に勉強していたために結果に結びつかず勉強のモチベーションが下がっていくという悪循環に陥っていました。しかし、入学に当たり自分の現状と向き合い、苦手科目を見つめ直すことで自分のやるべき事が明確になりました。

私は入学当時、数学と英語が苦手でしたが、映像による授業と高速マスター基礎力養成講座を活用することで苦手を克服することができました。特に電車での通学中に行っていた高速マスター基礎力養成講座のおかげで英語の語彙が増え、昨年度よりも単語数が大幅に増加した共通テストでも、見直しの時間を含め時間内に解ききることができたと思います。

私が特に受験に役立ったと思うのは過去問演習と解説授業です。10年分の過去問を解くことで各大学の傾向や採点基準が分かるだけでなく、10年分解いたんだという自信がつきます。実際、入試本番もこの自信があったので程よい緊張感で臨むことができました。

また、東進には模試がありますが解答開示がとても早くすぐに自己採点できるだけでなく、充実した解説授業もすぐに見ることができます。解説授業を見ることで自分の間違えた箇所はもちろん、正解していた問題の別解も学ぶことができました。

志望校合格を果たし、これからの新生活と大学での新たな発見や学びに心が躍る思いです。中学時代から思い続けてきた教師になるという夢が実現に着実と近づいていることをとても嬉しく思います。後輩の皆さんには自分を信じて頑張ってほしいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

共通テストで思ったように点数が取れなかったが、過去のデータなどを基に合格可能性がまだ十分にあると励ましてくださったことです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

毎週のチームミーティングで目標達成できているか気に掛けてアドバイス等をしてくださったことです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

試験を受けたその日に自己採点をして間違っていた問題の見直しをする。その翌日以降に解説授業を見るなどして正解していたが記憶が曖昧な問題等の復習をしました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

大学進学実績が高かったためです。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

毎週発表されるチーム毎の向上得点のランキングで上位が取れるようにチームのメンバーと頑張ったことです。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活動や学校行事を通じてできた友人は受験期の励みになりました。何事もメリハリをつけることが大切だと思います。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

12月~1月終わりにかけては点数が伸び悩んだこともあり、些細なことで気をもんでいました。特別勉強方法を変えたりすることはありませんでしたが、家族との何気ない会話に救われました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

志望校合格という大きな目標の他に達成可能な日々の小さな目標を立てることです。小さな目標でも達成できたということは毎日の励みになりました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

教育学部があり、尚且つ教育学部のみで構成されていることに大きく惹かれました。一人暮らしに憧れがあったため、関東圏の大学に進学したいと思いました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分を見つめ直すいい機会でした。今までで一番努力した1年でした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

国語の教師となり勉強の楽しさを伝えていけるような人になりたいです。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 東京学芸大学(教育) 】
志望大学の傾向を知ることができ、10年分解ききることができたという自信がついたからです。

【 今井宏の英語B組・実力アップ教室 】
文法、単語、長文の読み方、和文英訳など英語学習で必要な様々なスキルを効率よく楽しく身につけることができたからです。

東京学芸大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 13