ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1652人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

大阪大学
基礎工学部

no image

写真

菅原壮太くん

東進衛星予備校津山山北校

出身校: 津山高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 野球部

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

第一志望校対策演習講座で、志望校の対策を効率よく行えた

 僕は高一の初めに東進に入学しました。

僕は野球部に所属しており、土日は部活ばかりで、まとまった勉強時間を確保するのは難しかったですが、とりあえず東進に行けば、周りが勉強している環境だったので、部活で疲れていても勉強することが出来ました。

1番合格するための力をつけられた東進の講座は、過去問演習講座と第一志望校対策演習講座です。

過去問演習講座ではすべての問題に解説授業がついており、その解説授業ではただその問題を理解するためだけのものではなく、本番で点数を取るための知識やテクニックなどを教えてもらいました。

また過去問演習講座では、英作文や数学の論証の部分について添削してもらえるので、記述力を身に付けることができました。

第一志望校演習講座講座では、その大学の頻出分野の演習セットが出てきます。阪大の数学は問題の難易度も高い上に、計算量も莫大です。これに似た問題を探そうとなると、なかなか見つかりません。しかし、第一志望校対策演習講座では自分で似た問題を探すことなく、他の大学の過去問から阪大のような問題を演習することが出来ます。このように第一志望校対策演習講座を使って、受験する大学の対策を効率よく演習することができました。

こうした東進のシステムに加え、実力のある講師の授業を受けることで、さらに阪大合格への力を身につけることが出来ました。

後輩のみなさんもこの東進のシステムを有効活用しながら、志望校合格を勝ち取って欲しいと思います。志望校合格はゴールではなく、スタートラインに立っただけなので、大学に入ってもよりいっそう勉学に励みたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

講座の選択をする時に、どんな授業がおすすめか詳しく教えてくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

講座の選択をする時に、どんな授業がおすすめか詳しく教えてくれたこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

阪大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

本番と同じ形式なので問題形式を知ることができ、志望校対策の参考になるから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

大きな予備校であり、大学受験に関する情報を入手しやすいと考えたから。また、映像による授業であるため、有名講師の授業を、先生が直接校舎に来ることなく、受けられるから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

友達と受験勉強の相談ができた。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

忍耐力

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

いつか成績は伸びると信じて頑張った。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

好きな科目の勉強をしてモチベーションを高めた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

やりたいことができるから。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

世の中に貢献できるような研究者

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 大阪大学(全学部) 】
解説授業で、その問題の解説だけでなく、本番で点数を取るための知識やテクニックを学べるから。

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(難関) 】
様々な解法をたくさん学べたから。

大阪大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3