ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1649人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
政治経済学部

no image

写真

加藤力くん

東進ハイスクール新宿エルタワー校

出身校: 早稲田高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: 硬式テニス部 副部長

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

苦手な科目をできるようにする

 僕の受験勉強は、高校2年生の1月に共通テスト同日体験受験で志望校すべてのE判定を取ってしまったところから始まりました。受験勉強を始めた当初は、自分の実力のなさを嘆く日々でしたが、そんな絶望の中でも正しく進むべき道を示してくれた担任助手の方の的確なアドバイスには救われました。

受験勉強は、必ずしも自分の努力を反映してはくれません。時に残酷で挫折してしまうこともあるでしょう。かくいう自分もそうでした。しかし、何度心を折られても、友達と協力して、前を向き続けることが一番大事だと思います。受験は最後は一人で戦うもので、これは避けられません。しかし、それまでの道のりは、周りの人の存在があってのものだと思います。辛くなったら立ち止まりましょう、休みましょう。そして周りの人に助けを求めましょう。

受験勉強を始めた当初、僕は数学が得意で、英語と国語が苦手だと過剰に思いこんでいました。そのため、苦手科目にも重点をおいて勉強するようにしました。一見当たり前のような気がしますが、これが僕の受験の成功の一番の要因だと思います。苦手な科目をできるようにすることは当然簡単なことではありません。ただ、一度壁を乗り越えてしまえば、新しく見えてくることもあります。実際、僕が一番苦手意識を持っていた現代文でも、林修先生の授業を受けて模試で全国一位をとれるようになるまでに実力を伸ばすことができました。一般に逆転合格の形で合格を勝ち取る生徒は、苦手科目にも最後まで向き合っているのだということを心にとどめておいてほしいです。

最後に、僕が受験で得たちょっとしたコツをいくつかまとめておきます。常に効率よく勉強することを心掛けること、時にはわからない問題を時間をかけて考えることもいとわないこと。また、息抜きはまとめてすること、模試の結果がよかったら盛大にはっちゃけること、心に余裕を持たせること、信頼できる人をたくさんつくること。そして、一人の意見が常に正しいとは限らないということです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト同日体験受験

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

兄弟が通っており、いい評判を聞いていたから

Q
東進を選んだ理由
A.

林修先生の授業が受けられるから

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 39