ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1652人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

九州大学
農学部

no image

写真

山本真子さん

東進衛星予備校前原中央校

出身校: 修猷館高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 卓球 部長

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

「勉強する習慣」を早い段階で身につける

 私は第一志望校の九州大学に合格することが出来ました。ここでは受験を終えて考えたことを書いていこうと思います。まず、受験において最も大事なことは「勉強する習慣」を早い段階で身につけることだと思います。受験期に入って勉強するのは当たり前ですが、受験期に入る前に勉強に慣れておくことはかなりアドバンテージになります。

私は実際1年生から東進に通っており、とりあえずほぼ毎日東進に行くようにしていたので、私は他の人よりも勉強する習慣がついていたと思います。そのおかげか、1年生から順調に成績は上がっていきました。

しかし、勉強ばかりするべきだ、というわけではありません。むしろ、勉強以外に楽しいことを作るべきです。私は、運動会のブロックリーダー的なものをしており高3の8月、9月は受験生とは思えないほど勉強をしていないし、部活もしていました。その時は少し焦りがありましたが、今考えるとよいリフレッシュになっていたと思います。

私は、受験勉強を死ぬ物狂いでやったとは到底言えません。1,2年生の頃の勉強の延長だったと言うのが適切だと思います。目の前のことを確実に丁寧にこなしていくことが第一志望校合格への一番の近道だと思います。

私は、将来、食品関係の仕事に就きたいと考えています。まずは、志望の生物資源生産科学コースに行けるように勉強を頑張りたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

愛情のある指導を受け、モチベーションにもなりました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の方は年齢が近いので、分からないところや不安なことを気軽に聞けます。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

九大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

やり直しを通して苦手な分野などを知ることができました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近く、通いやすいと考えたから。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

勉強以外の話などもすることで気分転換になりました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

私は部長をしていたので、部員をまとめる力や行動力が身に付きました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

二次直前に九大攻略講座で解いた問題の類似問題が本番に出たので、やってよかったと思います。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

チームミーティングで友達や、担任の先生と話すことです。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

家から近く、農学部があったからです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分のしたいことをするためのスタートでした。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

日本の食糧不足を解決できるような研究、仕事をしたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
早い段階で過去問を10年分解くことで、自分の成績の伸びを感じられるとともに、傾向をつかめます。

東進模試
本番よりタイトな時間割で模試を受けることでテストへの抗体がつくと思います。

担任指導
模試ごとに面談を受けることで、これからのプランを立てることが出来ました。また、勉強のモチベーションにもつながりました。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード生物 Part1 】
沢山の分野がある生物の重要なところがまとめられているので、効率よく知識を習得することが出来ます。

九州大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5