ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1652人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京工業大学
工学院

no image

写真

松島永季くん

東進ハイスクール北千住校

出身校: 東京工業大学附属科学技術高等学校

東進入学時期: 中3・3月

この体験記の関連キーワード

効率よく勉強し続けることができ、それが志望校合格に繋がった

 僕は、高校受験が終わってから兄の影響ですぐに東進に入って大学への勉強を始めました。東進ではあまり校舎には通わなかったのですが、東進の映像による授業を活かして3年間家で受講を続けました。自分で授業を選択することができたので常に自分に合うレベルや内容の授業を受け、効率よく勉強し続けることができ、それが志望校合格に繋がったと感じています。

また、過去問演習講座や志望校別単元ジャンル演習講座を通して客観的に自分の弱点を知ることができました。後輩の皆さんには、東進でできるだけ早い時期から勉強を始め、短い時間でも勉強を習慣化させて映像による授業や添削などの東進のシステムを活かして効率よく勉強していってほしいと思います。

僕は、東進の授業を先取り学習として活用していました。映像による授業は何度でも見返すことができるので、特に物理は問題集で分からない単元があれば授業を何度も見返していました。

大学では、興味のある授業に積極的に参加し自分の専門分野だけでなく幅広く学んでいきたいと思います。また、大学で学んだ専門知識を生かしてコンテストなどにも参加したいと考えています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

実際に自分よりも上のレベルの大学を受験した先生から直接アドバイスを貰えて定期的に自分の勉強の方針があっていることを確かめることができました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分と同じ志望校だったので苦手科目について具体的なアドバイスをもらうことができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

基本的に本番の共通テストより難しく作られていて、特に数学はかなり難しくなっているので入試本番で難しい問題が来ても、焦らずに解く練習になりました。

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

家族の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

映像による授業で好きな時に授業を受けられるという形式が自分に合っていると感じたから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

学校で専門科目の授業があったので、高校の勉強以外で大学でも使える知識を手に入れることができた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

3年生になってから数学がなかなか伸びなくて悩まされました。苦手な単元を集中的に演習したり、ほかの科目でもカバーできるようにほかの科目を伸ばすことで最終的に合格点に届くことができました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

早くから勉強を始めて習慣化できたのモチベーションの波にあまり左右されることなく勉強することができました。また、自分が大学で学びたいことについて調べることでモチベーションを上げることができました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

高校が志望校の附属校だったので早くから志望校を意識していました。その後大学での研究について調べて、さらに志望校に行きたいという気持ちが高まりました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

大学合格をゴールとせず大学で学びたいことを考えていたのでそれに必要なスキルを磨くための時間だと思って勉強していました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学で専門科目に関する知識やスキルと英語力を身に着けて、小さなことでも社会問題を解決していきたいと考えています

Q
東進のおすすめは?
A.

志望校対策特別講座
自身の模試や過去問のデータから客観的に苦手な分野や問題を知ることができて志望校に対する効率的な対策ができる。

実力講師陣
自分に合った先生を見つけることができる。授業に無駄がなく短時間で学習できる。

過去問演習講座
添削で解答作成の対策ができる。解説授業で方針の立て方や実際の試験に出てきたときの対策を学べる。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】
大学レベルの数学を使って物理現象を原理からわかりやすく説明してくれるので、この講座だけで難関大学の問題を解けるようになりました

【 東工大対策化学 】
東工大の化学について問題の解説だけでなく傾向を知ったり過去問だけで足りない分野を補うことができました。

【 東工大対策数学 】
過去問演習とは違い、すべての単元について過去問から選ばれた問題を使って対策することができ、東工大レベルのいろんなパターンの問題に触れることができました。

東京工業大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3