ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1649人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立教大学
文学部

no image

写真

加藤ももかさん

東進ハイスクール小手指校

出身校: 所沢高等学校

東進入学時期: 高2・7月

この体験記の関連キーワード

高速マスター基礎力養成講座で時間や場所を問わず、基礎固めすることができた

 高2の夏ごろ私は受験の知識も一切なく、ただ漠然とこのままではどこの大学にも行けないと思い東進に入学しました。

最初の頃は、英語の基礎力が全くありませんでしたが、東進のツールの一つである高速マスター基礎力養成講座を通して基礎的な英単語や熟語、例文、それだけでなく上級英単語を隙間時間を利用していつでもどこでも取り組んでいました。その結果、高3になる前には英語の基礎を固めることができ、英検準一級にも合格することができました。

また、東進の多彩な講座を通して志望校に必要な知識、問題の取り組み方を教わりました。どれも素晴らしかったですが、自分のためになる講座の中で特に役に立ったのは、基礎からパワーアップ古文です。先生が授業内で、早口に何回も古文の文法を唱えるため、自分もそれに合わせて唱えることで自然と文法が身に付きました。

また、授業の合間に話す雑談が面白いだけでなく、とても励ましてくれるので受講を受けるのが毎回楽しみでした。講座を一通り終えた後は、過去問演習講座に取り組み始めました。この講座では共通テストや自分の志望校の過去問が、10年分解説付きでやることができました。解説がつくため、間違いを正当に導く方法が明確に知ることができ、復習にとても役立ちました。

東進の模試の一つである有名私大模試では、どの教科においても記述問題があり自分の志望校により近く感じる模試でした。またたくさんの過去問をやる中で漠然としてしまった自分の課題を明確に示し、解決するために必要な各大学の類題を抜粋してくれたのは、AIを駆使した志望校別単元ジャンル演習講座です。これまでの模試成績や過去問演習を通して、自分が何の教科の何の単元が苦手なのかを挙げてくれるため効率よく自分の弱点を潰せていけました。

東進には勉学だけでなく、様々な面でサポートして頂きました。私が併願校選びに悩んでいるときは担任の先生が私のレベルに合い、日程的にも無理のない大学を沢山リストアップして頂きました。

また、模試後の具体的な勉強計画において、計画を立てるのが苦手な私に親身に寄り添って一緒に考えてくれた担任助手の方には、沢山のご迷惑をおかけしました。

私は小学校からの夢である出版社で編集者として働くことを今でも目指しており、その実現の第一歩が大学受験で自分の第一志望に合格することでした。その一歩を沢山の時間、日々の学習、家族や友人、学校や東進の先生方のサポートがあったことで踏み出せたと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

全国有名国公私大模試

Q
東進を選んだ理由
A.

東進独自のツールや様々な講座に魅力を感じたから。

Q
おすすめ講座
A.

【 基礎からの的中パワーアップ古文 】


立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1