ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1645人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

合否判定システム

東京理科大学
理工学部

no image

写真

河野充槻くん

東進ハイスクール西新井校

出身校: 順天高等学校

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: サッカー

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

隙間時間で決まる

 僕は高校2年生の8月に東進に入学し、同年10月に本格的に受験勉強を始めました。

ここでは自分の経験から学んだことをアドバイスしていきたいです。ある程度の理解ができた後は、どんどん演習を重ねることが重要だと僕は思います。たいていの入試問題は、問題集と同様のものに帰着します。僕が基礎的な問題集に手を付け始めたのが高校3年生の夏休み頃でした。理解も大事ですが、公式の使い方も大事なわけです。これは他の科目も同じで、理解の時間は最小限にとどめ、どうしても理解できないものは諦めて覚えてしまった方が、受験突破という視点では良いです。なるべく演習に時間を割きましょう。

東進で特にオススメなコンテンツは高速マスター基礎力養成講座の英単語、熟語です。これは主に隙間時間に利用していました。とにかく受験では無駄な時間を減らすことが重要で、その際にこのツールはとても役に立ちました。時間はみんな平等で、その中でいかにライバルと差をつけるか、それは隙間時間で決まると言っても過言ではありません。ぜひ高速マスター基礎力養成講座を利用して、ライバルと差をつけましょう!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

講座の学習計画

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

大学での経験を聞くことができたこと

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

効率よく学習できると思ったため。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

気晴らし

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル物理 力学 】
考え方は美しいものばかりで、うまく利用すれば確実に実力がつけられるから。

東京理科大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 0