ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1651人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

一橋大学
法学部

no image

写真

林愛香さん

東進ハイスクール池袋校

出身校: 豊島岡女子学園高等学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: コーラス部

引退時期: 高2・1月

この体験記の関連キーワード

最も伝えたいことは、志望校対策の重要性

 私がこの合格体験記を通して最も伝えたいことは、志望校対策の重要性です。私は高2になる直前の春休みに東進に入学しましたが、それまでは中高一貫校という環境に甘え、定期考査前にしか勉強していませんでした。成績も芳しくなく、特に苦手な数学では補習の常連で、学年最下位をとったこともありました。全国一斉休校期間中に東進に入学すると、受講と並行して、英語や数学の基礎力をつけるための自習を始めました。

この時、担任の先生がこまめに面談をして学習計画を立て、進捗を確認してくださったことで、日々の学習習慣がついたと思います。学校が再開された後は、学校帰りにほぼ毎日東進に通いました。文化祭に向け、部活の仕事も忙しかったですが、毎日の学習を東進で行うことで、最大限の勉強時間を確保することができました。

その後も着実に学習を進め、高3の夏休みには一橋学の過去問を10年分解ききることができました。一橋大学は出題に特徴があり、過去問対策が特に重要な大学なので、夏のうちに過去問を十分に解き、傾向を掴むことができたのはとてもよかったです。9月からは志望校別単元ジャンル演習講座に取り組みました。志望校別単元ジャンル演習講座では、わからなかった問題を放置せず、返却後に復習することが重要だと考え、実践していました。

11月から開講する第1志望校対策演習も同様です。これらの必勝必達セットを早期に完全習得し、演習を重ねることで、一橋大学の問題に対する自信をつけることができました。共通テスト後の直前期にも、苦手な数学で少しでも多く得点するために、志望校別単元ジャンル演習講座から一橋大学で頻出の分野の問題を選んで、ひたすら解いていました。

また、私はメンタルが弱かったため、受験期には不安な気持ちになることが多かったのですが、担任助手の方々が話を聞き、そばで寄り添ってくださったことで、何とか気持ちを保って試験当日を迎えることができました。本番では今までの努力を出し切れた実感はありましたが、合格を確信できた訳ではなかったので、合格発表で自分の番号を見つけた時は本当に嬉しかったです。圧倒的な実力があったわけではありませんが、志望校対策を徹底したことが功を奏したのだと思います。

受験は辛いことも多いですが、計画力や実行力、精神力の向上など、得るものの方が多かったと感じます。支えて下さる周りの方々への感謝を忘れず、志望校への強い気持ちを持って、最後まで頑張ってください。応援しています!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

入学して間もないころ、担任の先生がこまめに面談をして勉強計画を立てたり、進捗を確認したりしてくださったおかげで、学習の習慣がつきました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験勉強について、ご自身の体験談も交えながら有益なアドバイスをくださったほか、いつも一番そばで見守り、支えてくださいました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活と両立しやすいと思ったからです。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

高2時は、文化祭に向けて部活の仕事も非常に忙しかったですが、東進にいる間は勉強に集中するように心がけていました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

受験直前期。不安な気持ちを担任助手の方などに打ち明け、励ましていただいたことで乗り切ることができました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

第一志望校への強い気持ち。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

非常に有意義なものでした。つらいことも多かった反面、計画力や実行力、継続力など、様々な力が身に付いたように思います。

一橋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 113