ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1649人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立命館大学
文学部

no image

写真

大野莉彩さん

東進衛星予備校南彦根校

出身校: 米原高等学校

東進入学時期: 高2・11月

引退時期: 高1・3月

この体験記の関連キーワード

長文を読むことができるようになったのは、安河内哲也先生のおかげと言っても過言ではない

 私は高校2年生の秋頃から受験を意識し始め、東進を選びました。まず1点目は雰囲気が良かったこと、自分のペースで受講をすすめることができるということが決めてでした。私は部活に入っていなかったので、東進に入学すると同時に学校が終わると毎日登校すると決めて頑張っていきました。部活をしている人より勉強時間が取れるのだから、最後までやり切ろうと心に強く覚悟を決めスタートしました。

私の志は、国際関係の学部でグローバルな人間になって、将来海外との懸け橋になるような職業に就くことです。そのためにも第一志望校は国際コミュニケーション系の学部に合格したいという思いから、英語を中心に勉強していきました。

受験大学としては、国公立大学と私立大学両方を視野に入れて勉強していこうと決めて、勉強に使う時間のバランスを考えて勉強していきました。担任助手の方と週間面談で進捗のチェックをして予定以上を受講できるように頑張っていきました。

共通テスト過去問演習講座を早期からするために6月でほぼ受講を終わらせて、過去問演習講座を夏休みに10年分一度は解き、間違ったところを丁寧に見直し2回目にチャレンジしていきました。

特に安河内哲也先生の「基礎から偏差値アップ総合英語」「有名大突破!戦略英語解法」は私の英語力を上げてくれました。長文を読むことができるようになったのは、安河内哲也先生のおかげと言っても過言ではありません。その時担任助手の方からは、この講座受けるなら高速マスター基礎力養成講座を徹底的に覚えていくように言われました。最初は「なぜ?」と思っていましたが、単語を覚えることで、安河内先生の講座がより理解することが出来ました。

国際コミュニケーション学部に無事合格したので、これからの大学生活を楽しんで有意義な時間にしていきます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

1週間に取る受講の予定をなるべく多く入れて、早く終わらせるように言われた

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

周りの子達に良い刺激を受けた

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

共通テスト本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の点数の伸びを模試ごとに振り返る

Q
東進を選んだ理由
A.

雰囲気が良かったこと、自分のペースで受講をすすめることができる

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

高速マスター基礎力養成講座を教えあいながらしたこと

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

国公立の2次試験前気合い

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

SNSを開かない

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

国際コミュニケーションを学びたかった

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

辛かったけど、人生の中で1番頑張れたという思い出

Q
東進のおすすめは?
A.

スモールステップカリキュラム
自分のペースでできるので、集中的に勉強できた

実力講師陣
安河内哲也先生の英語は、自分の受験に無くてはならない力をつけてくれました

過去問演習講座
共通テスト対策に適応しており解説授業が丁寧でした

Q
おすすめ講座
A.

【 漢文基礎トレーニング(句法&基礎知識の完成) 】
基本的な漢文の句法を短期間で習得できた

【 基礎からの的中パワーアップ古文(ゼロから始める文法編) 】
古文を楽に、かつ楽しく読めるようになった

【 直前必勝講座 現代文記述・論述 】
国公立の二次対策にすごく役に立った

立命館大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 77