ページを更新する ページを更新する

合格

ぞくぞく公開中!1989人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京大学
理科一類

no image

写真

中山拓飛くん

東進ハイスクール松戸校

出身校: 開成高等学校

東進入学時期: 高1・2月

所属クラブ: ジャグリング部

引退時期: 高2・9月

この体験記の関連キーワード

現役合格の鍵は”演習”

 第一志望校に現役で合格するために大切なことは何でしょうか。浪人生と比べ、時間が圧倒的に不足している現役生が入試本番で打ち勝つために必要なことは何でしょうか。

僕は実際に現役合格をしてみてその鍵は”演習”にあると感じました。一通りのインプットが終わっている浪人生は一年の多くを演習に費やすことができます。しかし、インプットの時期が一年遅い現役生にとって、演習ができる時間は限られています。その限られた時間を効果的に使えたということが東進に通ったメリットの一つでした。

志望校別単元ジャンル演習講座では、自分の苦手の度合いに応じた難易度の問題を分野別に解くことで、自分の苦手分野を知ることが出来るだけでなく、徐々に難しい問題にチャレンジしていきその分野の理解を深めることで点数の上昇につながりました。また、過去問演習講座とは異なり短時間でできる問題も含まれているので、他の事をやった後、家に帰る前にもう一問だけ解くといったことが出来ました。

共通テスト対策としては、模試であまり点数がとれていなかった理社の過去問演習講座の大問別演習を行いました。理科(物化)では原子分野や無機化学など、対策が疎かになりがちな分野を重点的に演習しました。また、社会(倫政)では、過去問にない問題を解き、演習量の増加を図りました。その結果、共通テスト本番では最高点を更新することが出来ました。

共通テスト対策をしているときも、直前期以外は第一志望校対策演習を併用し、記述答案の書き方や二次試験のレベル感を忘れないようにしていました。これによりスムーズに二次試験の対策に移ることが出来たと思います。

二次試験の一週間前頃から、第一志望校対策演習の直前対策テストゼミを解きました。そこでは特に時間配分に気を配り、模試の時から行っていた時間配分を直前にも行うことで身体に定着させました。これが功を奏し、模試の時にはなかなか解き終わらなかった英語を本番ではほぼ解き終わることが出来ました。

また、化学では得意分野だったにもかかわらず、難化により手が進まなかった有機化学の問題を早々に切り上げるという決断をし、他の問題に時間を回すことで得点を最大化することが出来ました。

大学では航空宇宙工学を学び、将来ロケットや人工衛星の事業に携わりたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

講習などの自力では選びにくい講座のおすすめを教えていただいた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分では立てにくい勉強計画(特に共通テスト直前)を一緒に考えていただいた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

東大本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

2ヶ月に一度模試があるので、定期的に時間配分やその時点での自分の実力を確認できる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

周囲に比べ東進に通い始めるのが遅く、映像による授業の方が合っていると感じた。また、家から通いやすかった。

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じ大学を目指す仲間と定期的に顔を合わせることがモチベーションの維持に繋がった。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

最先端で活躍する方の話を伺うことができ、モチベーションが上がった。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

最終の東大本番レベル模試で失敗したときは辛かったが、本番ではなくて良かったと思い、乗り越えた。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

同じ学校の友人と大学の話をする。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自然と目指していた。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

大変だったが、いつかは終わるもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

日本の宇宙産業を牽引する存在になる。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
解説授業があると、単に文字の形で読むよりもその問題のより深い理解ができる。

志望校別単元ジャンル演習講座
おすすめの演習を提示してくれるので、どれを演習するべきかわかりやすい。

実力講師陣
校舎による講師の当たり外れがない。

Q
おすすめ講座
A.

【 東大対策数学[Ⅰ・A/Ⅱ・B]-論理編- 】
数学の答案を書く際に把握していなければならない論理の流れを身につけることができる。

【 ハイレベル物理 力学 】
高校物理を原理の部分から教えてくださるので、深い理解ができ問題を解くときにも誤解をなくせる。

東京大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6