2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

国際教養大学
国際教養学部

no image

写真

田尻玲奈さん

東進衛星予備校豊橋駅前校

出身校: 時習館高等学校

東進入学時期: 高1・12月

所属クラブ: バドミントン部

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

友達と目標や課題を宣言し合うことで頑張ろうと思えた

 高1の12月に親からの勧めで東進に入りました。全国規模の大学の合格実績が多かったためです。バトミントン部で高3の4月まで週6日の練習があったので、隙間時間で勉強する癖がつきました。

私のおススメは、高速マスター基礎力養成講座です。間違えた単語だけ見直しできるような仕組みがよかったです。また、担任の先生が面談で様々な大学の情報を提示してくれて、併願校を決めるときに参考になりました。

センター試験本番レベル模試は、長期的に見たときに、何をどれだけ勉強すればいいのか、一つの目安となりました。グループ・ミーティングに参加してお互いの状況が把握できて、自分の受講ペースの基準となりました。また友達と自分の状況を話し合い、目標や課題を宣言し合うことで頑張ろうと思えました。

現代文の基礎の授業を受け始めて一度成績が伸びた後にスランプがありました。その時、授業中に出口先生の「スランプがこの時期に来るのは当たり前。ここで踏ん張ればまた一気に伸びる」という言葉を受け、先生を信じ、言われたことをこなし続けたことで抜け出すことができました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

長期連休の過ごし方などを生徒目線で教えてくれたのがよかったです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

お互いの状況が把握できて、自分の受講ペースの基準となりました。

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

メリハリの付け方を学べました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

Global English Campです。5日間英語漬けの環境にいたことで、特にspeaking力を伸ばすことができました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

友達と自分の状況を話し合い、目標や課題を宣言し合うことで頑張ろうと思えました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

日本の大学にいながら、海外の大学のようなカリキュラムで授業を受けられる所に強く惹かれました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

(いい意味で)挫折が味わえ、成長できるきっかけとなるもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

多くの人と関わり、日本と海外の懸け橋となれる存在になりたいです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
間違えた単語だけ見直しできるような仕組みがよかったです。

過去問演習講座
志望校の合格者の平均点との比較が大問ごとにできて、どの分野を確実に取らないといけないのか明確にできました。

担任指導
自分一人で調べきれないような情報もたくさん提示してくれました。

Q
おすすめ講座
A.

【 出口汪の新驚異の論理力強化トレーニング ①論理マスター編 】
同じ講座の1から3まで受けて、どれもよかったです。あいまいだった基礎事項も確認出来て、論理的に文章が読めるようになりました。現代文が苦手な人にぜひお勧めします!

【 『英語を書く/しゃべる』集中授業 】
一つの話題に対して様々な意見が聞けたのが一番良かったです。(国際教養ではcritical thinking(批判的思考力)が問われるのでいろんな立場からの意見が言えるようにしたほうがいいです。)

【 富井健二のビジュアル古文読解マニュアル(基礎編) 】
古語の根源から意味を教えてくれるので、複数の単語を覚えることが楽になりました。

 国際教養大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11

富井健二先生

富井健二のビジュアル古文読解マニュアル(基礎編)

基礎知識を読解力につなげる

この講座は古文単語・古典文法・古文読解の知識をバランスよく鍛えることをモットーとしております。一学期及び二学期の授業の前半は古文単語のレッスンをし、後半は古文読解のレッスンをします。古典文法は古文読解のレッスン中にピックアップしてやっていきます。古文読解マニュアルという読解法を使用し、どんなジャンルの文章でも広く読むことができるようにしていきます。夏期は敬語法を使った読解法、冬期は和歌を中心にした読解、直前は古文常識を意識した読解というふうにテーマを決めてムラのないように学習していきます。「どうやって古文を読み、どうやって古文を読解していけばよいのか」でつまずいている人は是非受講してください。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:「古典文法」や「古文単語暗記トレーニングジム」の受講を終え、はじめて読解練習をスタートさせる生徒、古文に時間がかけられない生徒