2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

愛媛大学
理学部

no image

写真

井上尚貴くん

東進衛星予備校衣山駅前校

出身校: 愛媛大学附属高等学校

東進入学時期: 高2・8月

この体験記の関連キーワード

東進に通って目に見えて英語の成績が向上した

 私は高校2年生の夏から東進に通い始めました。当初は自分の進路に対してこれといった目標が無く、ただ漠然と大学に進学しようとしていました。しかし、先生との面談や、受講を重ね実力が上がっていくにつれて自分のやりたいことを考えるようになりました。高校の課題研究で行った江戸時代の数学である和算に関心を持ちました。現代の産業や社会を支える科学技術の根底にあるのは数学であることに気づかされ、大学では和算の課題研究で用いた、幾何学の勉強に熱を注ぎ、和算の研究をさらに深めたいです。

通いだしてから目に見えて成績が向上した教科は英語でした。入学当初、英文や英単語をやみくもに読むだけで意味や用法について考えておらず、英語は苦手科目でした。今井先生の授業は特に心に残っています。とても解説がわかりやすく、時にジョークが交えられた授業は、英語が苦手な私でも没入しやすく、英語に対する苦手意識を打ち消してくれるほどでした。

また、「高速マスター基礎力養成講座」も受験勉強の大きな助けになりました。英文を読むうえで必須となる語彙力を磨くため、スマートフォンでも利用し、隙間時間を有効に使って英単語や英熟語、英文法をマスターしました。センター試験などでの頻出の英単語などがまとめられているため、覚えるという作業を最小限に絞ることができます。さらに、覚えた英単語の数がカウントされるため視覚的にも達成感を得ることができ、意欲の維持向上につなげることができました。

センター試験では、本番に緊張しないために1度大学を会場にして行われる模試などに参加することをおすすめします。模試と本番では、雰囲気や勝手が似ているので本番での緊張を和らげることができると思います。

また、私がセンター試験を受けた会場では室内の温度が高かったため上着を脱ぐことがありました。友人が受験した会場では、暖房がゆるく、かなり寒かったようです。受験会場によって、設定温度がまちまちですので、使い捨てカイロや上着などを持って行くなど、入念な準備をしておくことを、あわせておすすめします。

大学では、関心のある数学について学習を深めたいと思っています。そして卒業後は数学に関する分野の職に就き、その専門性を活かして、産業発展に貢献していけたらと考えています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

東進の招待講習を受けてみて、自分に合っていると思ったから。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習


確認テスト


講座修了判定テスト


 愛媛大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5