2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
法学部

no image

写真

稲垣太郎くん

東進ハイスクール松戸校

出身校: 薬園台高等学校

東進入学時期: 高2・6月

所属クラブ: 陸上部 部長

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

合格は徹底した効率重視の勉強法があったから

 僕の高校は体育祭や文化祭がとても盛んであり、また自分は役者や応援団長もやっていたため全てを勉強に傾けることができるようになったのは10月頃からと、他の人に比べ圧倒的に時間はありませんでした。しかしそれでも僕が第一志望に合格できたのは徹底した効率重視の勉強法があったからだと思います。

夏は勉強できて5時間が限度でした。そこで僕は短い時間であがいて勉強するというよりは現状の学力を維持する程度の勉強をし、あとはどうすれば最短で合格できるかということをとにかく考えました。そこでたどり着いた答えはひたすら過去問を研究するということでした。受験する上で過去問に勝る参考書はないと思います。問題の傾向、頻出テーマ、鍛えなくてはいけない力など全てがわかります。やらない手はないです。時間がない自分でも、第一志望の法学部は10年分を3周し、且つ演習よりも復習に多くの時間を割きました。

恐らくそれが命運を分けたのだと思います。時間がない人は第一志望だけでも10年分3周は必ずやってほしい。過去問研究が確実に合格の近道であることは5年分しか演習できなかった第二志望の文化構想学部が不合格だったことからもうかがえると思います。また、東進には過去問演習講座があり、毎回答案を丁寧に添削していただけます。それも他にはない大きな強みであると思います。そして極め付きは単元ジャンル別演習講座、自動でAIが自分が最もやるべきことを提示してくれるこのシステムは最短で合格をつかみ取るには欠かせないものでした。

そして最後に、一番大切なのが最後まで決してあきらめないことです。僕は直前の休み時間までひたすら金谷先生の早大日本史演習講座のテキストを読んでいたし、実際その時やった内容は面白いくらいに出ました。そういった姿勢も受験の上では欠かせないことなのだと思います。この僕の体験記が他の部活や行事に全力で取り組んでいる後輩たちに少しでも勇気を与えられれば幸いです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望校が同じだったので役立つ情報を教えてくれた

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

しっかりした勉強の指針を指示してくれた

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

圧倒的に早く返ってくるのでそれの復習をしっかりやること

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

立地と親の勧め

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなでお菓子を食べたこと

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

忍耐力と計画力

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業はモチベーション維持に役立った

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

文化祭の時期は全然勉強できなくてつらかったが、それが終わってからやってやるぞという意気込みになった

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

入学後の自分を想像すること

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

私大最高峰ということもあり早稲田に憧れがあったのと、将来法職に進みたいと思っているため

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分との闘い、そして恩返し

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

社会的に立場が弱い人に寄り添える人になりたい

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 早大日本史演習 】


 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 124

友達にシェアする