2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立教大学
観光学部

no image

写真

石井竜人くん

東進ハイスクール成増校

出身校: 石神井高等学校

東進入学時期: 高2・11月

所属クラブ: ハンドボール部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

第一志望の大学が一番自信を持って解くことが出来ました。

 僕は、高2の11月に東進に入学し部活の試合や学校行事以外の日は、ほとんど休むことなく通い続けました。疲れていても勉強を継続させたことが、確実に力になりました。勉強をするうえで大事なことの一つは、どれだけ自分に合った計画を立てられるかです。きっちり時間に区切った計画が合う人もいれば、その日絶対にやることを決めて余った時間をその時々にあった教科を割り当てるという計画の立て方もあります。そういった様々な計画の中から自分に合ったものを見つけるには、時間をかけて試していく必要があるので、結局スタートが早い人ほど有利になってきます。

また、夏休みにはセンター試験の過去問を行えることが理想的です。そうすることで、夏休み明けには一般試験の過去問に入ることができます。入試本番は基礎学力はもちろんですが、それに加えてどれだけその大学の問題に慣れているかにかかっています。僕も演習回数の少なかった第二志望や第三志望の大学よりも、第一志望の大学が一番自信を持って解くことが出来ました。実際、合格した大学も第一志望の大学だけでした。入試当日に僕の受けた国語の試験は、古文・現代文ともに過去に演習で解いたことのある文章が出ました。もちろん稀ではありますが、そういったこともあるので受験生の皆さんには志望校の演習をできるだけ多く行うことをおすすめします。

また、受験が終わった後の自分を考えることも大切です。大学合格はゴールではなくスタートです。たとえ志望校に入れたとしても、そこでだらけてしまえば全く意味がありません。自分をより成長させる場所が大学だと思います。例えば僕は、将来観光関係の職業に就きたいので英語力を鍛えるため、受験が終わってからはTOEICの勉強を始めました。英語に限らず、自分に必要なものは何かを考える力は受験中も受験後も必要です。

大学受験は、年々厳しくなっているので現在受験生の皆さんはより厳しい世代になってくると思います。しかしそれは、自分一人だけが厳しくなっているわけではなく、まわりも平等に厳しくなっているという事です。自分の勉強を常にフィードバックして、受験している自分をイメージし、自分に自信を持ってください。

最後に受験生の皆さんに覚えておいてほしいことは、皆さんを支えて下さっている保護者の方に感謝の気持ちを持ってほしいということです。授業料はもちろん、受験料も決して安い金額ではありません。それでも保護者の方はきっと最後の最後まで皆さんを支えてくれます。そのことを当たり前だと思わず、感謝の気持ちを持ち受験を乗り切れば皆さんは、人間的に大きく成長した自分になることができるはずです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試ごとに細かくフィードバックしてくださって、自分がやるべきことがはっきり見えた

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

テストがうまくいかずメンタルが弱くなった時など、的確にアドバイスしてくださり、元気づけていただいたこと

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

当日どれくらい出来たかよりも、後の復習にどれだけ活用できるかが合格の鍵

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

雰囲気が良かったから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

お互いにわからないところを、気軽に相談できるのはとてもよかった。グループのみんながいたから、張り合いがあったし、頑張る事が出来た。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

先輩はもちろん、後輩からも学ぶことがたくさんありました。挨拶など人としてできるべきことを学びました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

公開授業はどの先生も面白くて、やる気が出ました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

推薦入試に落ちたときは、とてもきつかったです。勉強で実力を実感することで気持ちが前に向いていきました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

自分の志望校について調べることです。オープンキャンパスに行った後のやる気は特に大きかったです。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

オープンキャンパスを見に行って雰囲気が良かったことと、観光産業に将来性を感じたことです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

本当につらかったです。いつでもうまくいくわけもなく、出来ない自分に苦しみました。でもその分いい点数を取れた時の嬉しさは大きかったし、何より合格の文字を見たときはそれまでの苦労に感謝しました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

僕は観光学を学べる大学に入るので、日本の良さを世界中にアピールできるようになりたいです。言語力を鍛え日本を世界一の観光立国にすることができる人材になるため、大学でも専門的な知識を磨いていこうと思います。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習


確認テスト


東進模試


Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 特別編 】
説明が本当にわかりやすい

【 入試直前まとめ講座 日本史Bのまとめ 】
内容を短期間で学習できる

 立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5