2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

芝浦工業大学
工学部

no image

写真

橋口快くん

東進衛星予備校都賀校

出身校: 幕張総合高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: テニス部

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

徐々にステップアップすることができた

 僕は部活の友人たちが既に受験勉強を始めていることを知り、2年生の3月頃に東進に入学しました。僕は部活の引退が4月と早かったのですが、東進に入学するまではまるで勉強をしてこなかったので初めての模試はボロボロでした。しかし、東進は様々なレベルの講座の中から自分のレベルに合ったものを担任助手の方と相談して決めることが出来たので低いレベルからでも徐々にステップアップすることが可能でした。

夏は僕の受験にとって必要不可欠だった物理にとても悩まされましたが、やまぐち健一先生の物理の講座を受けたことにより、物理というものは「難解な現象」ではなく「身近にある現象」だということがわかり、物理に対する理解がぐっと深まりました。夏は数学と物理に時間を取られ英語にはあまり時間を割くことが出来ませんでしたが、高速マスター基礎力養成講座がとても手軽に出来たので、少ない時間でもしっかりと英語の知識をインプットすることが出来ました。

秋になると志望校の過去問に少しずつ触れていきました。志望校の過去問に触れることにより問題の傾向や難易度を知ることが出来ましたが、一人で志望校のレベルに合った問題をピンポイントに探すことはなかなかできませんでした。そこで僕は単元ジャンル別演習を活用しました。単元ジャンル別演習は東進の先生方が選んだ良問が難易度、単元別に分けられていたため志望校の傾向、難易度に合った問題をすぐに探すことが出来たのでとても重宝しました。

僕は電子工学科に進学し将来は電気に携わる仕事に就きたいと思っています。今日の電気系の仕事には大学で学べる専門的な知識のほかに英語も欠かせないと聞いたので、大学受験で培った英語の能力を腐らせることなくさらにレベルアップさせていきたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

僕の志望校について親身になって考えてくれたので、志望校を決める際にとてもお世話になった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

週に一回の面談で大学に通う担任助手の先輩方と話すことでリフレッシュになり、モチベーションの維持につながった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近くネームバリューがあったから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

継続する力

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

本当にやる気が出ないときはあきらめてしっかり休息すること。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

僕が勤めることになるであろう電気系の仕事は社会を形成する際に絶対になくてはならない仕事だと思う。目に見えるような仕事ではないが、目立たなくてもしっかりと人の役に立てる人間になりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
アプリなどもあり、手軽に学ぶことが出来た。

過去問演習講座
添削して返却してくれるのでわからないところがそのままにならない。

実力講師陣
授業がわかりやすかった。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 PART1 】


【 スタンダード物理 PART2 】
難解なように思える物理現象をコミカルな話し方でわかりやすく理解させてくれた。物理は難しいものではないと教えてくれた。

【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用) 】
解説がとても丁寧で、雑談がほとんどなくとても密度の濃い授業だった。テキストの問題も良問揃いだった。

 芝浦工業大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 14