2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1260人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

首都大学東京
理学部

no image

写真

加藤謙三くん

東進衛星予備校上溝校

出身校: 相模原高等学校(県立)

東進入学時期: 高2・10月

所属クラブ: 剣道部 副部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

高速学習でセンター試験対策や二次試験対策が早く始められる

 指定校推薦は高校入学当初から決めていました。なので高校のテストはいつも平均以上を目指し勉強しました。テスト勉強はテストの3週間前から始め、苦手な古文や暗記科目の世界史、日本史などを重点的に勉強しました。授業でわからないところがあれば、そのままにせず必ず先生に聞きに行き理解を深めました。

大学を決めたのは2年生の冬ごろで、高大連携講座で行ったときに大学の雰囲気に惹かれました。また、大学の説明会に参加したときに、カリキュラムが自分に合っていると感じて首都大学東京に決めました。東進への入学を決めたのも2年生の同じ時期で友人に誘われて決めました。東進の映像による授業は高速学習に特化していて高校の勉強を早く終わらせられるので、センター試験対策や二次試験対策が早く始められることがとても魅力的でした。

またそれにともなった高速マスター基礎力養成講座では英語では音声で発音とスペルが一緒に覚えられ、数学で単元の中でも細かく分かれているので自分の苦手分野に気づくので、そこを特に勉強しました。

僕から後輩の皆さんに伝えたいことは、指定校推薦でもいいということです。指定校推薦は一般入試で大学に入学する人に比べ下に見られがちですが僕はそう思いません。指定校推薦で入る人は高校の勉強を1年生の頃からコツコツと頑張ってきたわけですから、努力をしていないわけではありません。なので行きたい大学が指定校推薦にあるなら絶対出したほうがいいと僕は思います。それに伴い、学校の授業やテストも頑張ってほしいと思います。後輩の皆さんがいい大学に入学できることを祈ります。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

苦手教科の中でも分野ごとに復習する

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

高速学習でセンター試験対策が早く始められること

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングでのちょっとした会話が楽しかった

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

忍耐力がついた

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

大学の説明会でカリキュラムが自分に合っているとかんじた。また都立で授業料が安く、家から近いこと

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

自分の弱さを知った

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

大学で数学を学び、情報技術と繋げ、エンジニアとして活躍したい

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習


高速マスター基礎力養成講座
英語で単語を多く覚えられた

過去問演習講座
大問ごとにできるため苦手を克服しやすい

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】
物理に親しみを持てるようになった

【 スタンダード物理 Part2 】
物理に親しみを持てるようになった

【 高等学校対応 数学Ⅲ-基礎- 】
テスト対策でよかった

 首都大学東京の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1

友達にシェアする