2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京女子大学
現代教養学部

no image

写真

渡辺萌菜美さん

東進衛星予備校小田急相武台前校

出身校: 相模原高等学校(県立)

東進入学時期: 高1・8月

所属クラブ: サッカー部 マネージャー

引退時期: 高3・8月

この体験記の関連キーワード

東進は、学びの場でもあり、憩いの場

 私にとって今回の受験を表すとしたら”成長”の一言です。この成長というのは、学力の向上はもちろんのこと、人間力の向上のことです。高校受験とは重さもつらさも全然異なるといわれる大学受験ですが、まさにその通りで精神的にもかなり過酷なものでした。その中で自分の欠けているところだったり、弱い部分をいやになるほど感じさせられました。無意識に勉強できない理由を探してしまった時期もありました。ですが、やろうがやらまいが時は淡々と過ぎていきました。もう今さらやっても遅いとあきらめてしまう時もありました。

ここで後輩の皆さんに言いたいことは、どんなに直前でも遅すぎることはないということです。これは、遅くから始めても間に合うという意味ではなく、その瞬間1秒でも変われるということです。私は11月に肺炎になってしまいました。その時はこんな大事な時にこのような状況じゃもう無理だと自暴自棄になって体調がよくなっても気が抜けていました。しかし、今思い返すと11月なんて試験まで2か月もあり、もっといくらでも変われる時期だったのになあと思います。

何が言いたいかというと、その時期に自分がいるともう遅いと感じてしまう直前でも、試験までの時間は使い方次第で大いに増やせるということです。2か月で変われるなら、1年間ある皆さんには無限の可能性があります。ぜひ、高みを目指して頑張ってください。

この過酷な受験勉強を乗り切れた理由は一つ仲間がいたことです。学校の友達もそうですが、一番は東進の同志たちです。一番近くで一緒に頑張っている仲間をみることは何よりの刺激でした。昼休憩はみんなで話しながらご飯を食べ、模試の結果や勉強法を相談したり、誰よりもつらさや気持ちを理解しあえる仲間は本当に心強いし、心の支えでした。だから、東進に来ることは全く苦ではなかったし、むしろ楽しみでした。そういう意味で東進は、学びの場でもあり、憩いの場でもありました。ここで出会えた仲間たちは大切にしていきたいです。

最後に、冒頭で述べたように受験はつらいです。簡単にいくものでは決してありません。でも、受験を通してでしか得られないものはたくさんあります。今は、大学四年間で様々なことにチャレンジしさらに大きな人間になって、追い抜いてやるという熱意に変わりました。こんな気持ちにならせてくれたのも受験のおかげです。私はこの東進の仲間と先生方と受験を戦い切れて本当によかったです。これからは、また夢に向かって頑張っていきます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志気をあげてくれた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

実際にその大学に通っている担任助手の方からサークルの話が聞けた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

復習をすること。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

先輩が行っていたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

みんなと罪悪感なく話せる貴重な場。仲良くなるきっかけにもなり、とても楽しかった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

体育祭では団長、文化祭では後夜祭の出演と司会をやりました。部活も全力でやり切ったので、忙しくも充実した高校生活でした。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

スランプはちょこちょこ来てました。英語がよくなっていたのですが、やる気と自信を無くさないためにも、日本史をやったり教科を変えて治るのをまちました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

東進の人と話す。サークルを調べる。キャンパスの写真を眺める。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

ネームバリューと進学実績。雰囲気と、サークル。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

修行

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

外国語に力を入れる。世の中のことにもっと関心を持ち、自分の意見をもてる人間になる。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座 センター対策
センターの過去問についている大問別の問題が、苦手分野をさらえる有効な講座だと思います。

高速マスター基礎力養成講座
隙間の時間はこれに尽きる。手軽にできてよかったです。

Q
おすすめ講座
A.

【 渡辺勝彦の有名難関大<逆転合格>へのスーパー総合英語 】
夏の受講で一気に長文に強くなりました。

【 スタンダード日本史B(戦後史の攻略) 】
複雑な戦後史もこの講座でまとめられる。忘れたときに見返すのも効果的。

【 吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文 】
学習にもなるし、雑談が面白いので全然勉強感なく学べた。

 東京女子大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 35

吉野敬介先生

吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文

単語・文法おいしいとこどり! 超頻出文章で的中間違いなし!

どんなに古文が苦手な君でも、古文大好き人間に変えてしまい、一気に合格点を取らせる連続集中講義だ! まずPART1の古文文法で「おいしいとこどり」で超出るところだけやっていく。センターの文法ならばっちりで、今まではずしたことは一度もない。そのツボをしっかりと押さえた上で、PART2以降は超頻出の文章だけを扱い、丁寧にわかりやすく、何度もくり返し問題の解き方を伝授していく! 過去の問題を分析し、研究しつくされた配列で、君の頭をバッチリ整理するぜ! 古文はもちろん、受験を勝ち抜く「やる気」が燃え上がるドラマチックで熱い講義を体験してくれ。PART4が終わった後、君は古文大好き吉野大好き人間に変身している。(必ずPART1から順に受講すること!)

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:古文アレルギーをなくして、古文を得意科目・得点源にしたい生徒