2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立教大学
文学部

no image

写真

青木稜くん

東進衛星予備校都賀校

出身校: 千葉市立稲毛高等学校

東進入学時期: 高1・9月

所属クラブ: バレーボール セッター

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

要点を突いた授業が受けられた

 東進の合格メソッドが如何に秀逸であるか思い知らされました。そのメソッドから外れて失敗した話を書きます。

東進のメソッドでは高3の夏休み前に受講を終わらせて、夏から過去問対策を始めるようになっています。しかし自分は部活で受講が遅れてしまい、夏休みを全部受講に使って過去問対策は9月からの予定になってしまいました。その結果、朝5時に起きて散歩しながら単語帳を暗記して、塾が開いてから夜まで受講するインプット地獄の夏休みを過ごしました。当然、大量のインプットができる訳がなく、過去問対策を始める予定の9月も10月も復習に使って終わってしまいました。特に日本史は夏休みにゼロから全部受講したので定着が遅れて、恥ずかしい話12月の有名大本番レベル記述模試で赤点回避くらいのレベルで、それ以降は修羅のように日本史をやりました。英国が得意科目じゃなかったら確実に不合格でした。この惨劇を回避する為にも、これから受験の人達には東進のカリキュラムに沿って計画的に勉強して欲しいです。

ここからは、東進に入って良かったこと、アドバイスなどを書きます。東進の良い点は、実力派講師の要点を突いた授業が受けられて、受験会場で「これ授業でやったところだ!」となります。またワンポイントアドバイスの講座が十分前後で気軽に見れる上に受験で助けられることが多かったのでオススメです。

勉強する時はインプット・アウトプットのサイクルを作りましょう。インプットは朝をオススメしますが、自分にあった方法が一番良いです。アウトプットは書くことに尽きます。自分は前述の通り日本史が合否を分ける科目になってしまいました。たしかに12月の有名大本番レベル記述模試で30点台を叩き出しましたが、それをバネに最後の1カ月勉強して、日本史の合格点を取れました。是非、最後まで諦めないで頑張って下さい。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

面談の時に疑問に全部答えてくれたから。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

日本史の成績が伸びなくて悩んでいたら役に立つ情報をたくさん調べてくれました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

難関大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

実力が浮き彫りになるところ。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

体験授業を受けて力がつきそうだったから。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

受験期に相談できる友達ができること。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

親が心配して日帰り旅行に連れて行ってくれてリフレッシュできました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

大学で学びたい分野がハッキリしていたこと。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

学びたい分野の専門の教授がいたこと。海外留学制度の充実具合などで決めました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

精神的に成長する時間

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

航空管制官になって国を繋ぎたい

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
他の塾の模試より難しくて良問が多い。

過去問演習講座
解説授業があって良かったです。

高速学習
携帯で受講できて学校の休み時間も有効活用できるから。

Q
おすすめ講座
A.

【 正誤問題対策 】
正誤問題から文法の確認に移ったり全範囲の総合演習ができるから。

【 漢文読解(上位・難関私大対策) 】
この講座だけで漢文は完璧にできるから。

【 ハイレベル私大現代文トレーニング 】
現代文の成績がグングン伸びて得意科目・得点源にまでなるから。

 立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 20

友達にシェアする

三羽邦美先生

漢文読解(上位・難関私大対策)

ライバルに漢文で差をつける

センターレベルの読解力がついていれば、上位・難関私大レベルへはあと一歩の努力で到達できます。その「最後の一歩」をリードするのがこの講座。主要大学の傾向を踏まえた頻出の文章を読解しながら、知識と読解力を一段高いレベルに引き上げます。1点の差が合否を分ける上位・難関私大入試。多くのライバルが漢文を軽視している中でしっかりと得点を稼げれば、合格はぐっと近づくはずです。

90分×5回+講座修了判定テスト1回

対象:早大・上智大などの上位・難関私大で漢文が必要な生徒(センターレベルはクリアできていることが前程)