2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
文学部

no image

写真

平野清花さん

東進ハイスクール静岡校

出身校: 清水東高等学校

東進入学時期: 高3・4月

所属クラブ: 放送部 放送、製作

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

周りに支えあう仲間がいる、応援してくれる人がいる環境

 私は英語と世界史が得意で、数学や理科が苦手でした。得意科目が苦手科目に足を引っ張られてしまうことが多かったため3年次から私立文系型に切り替え、3教科に絞ったからには私立のトップである早慶を目指すようになりました。

その頃から東進に家族の勧めで通うようになりました。東進には周りに同じように勉強をしている仲間が多いため、このままのんびりやっていては間に合わないかもしれないという危機感を常に感じることができます。また受講が何回もできるため、それを利用して私は私立対策では欠かせない世界史を通しで2回、テスト前に苦手なところを見直すなど何回も繰り返し受講しました。またテキストには授業の板書を2回目の受講の際に書き込んだため、ひと目で要点が理解でき、試験会場には必ず持っていき昼食の時間に見るようにしていました。

第一志望に合格することができた今はとても嬉しいばかりですが、私は最後の模試でも慶應義塾大学はD判定で、良いときでもC判定までしかとることができませんでした。しかし悪い判定が出ていたときでも、グループ・ミーティングでみんなと励ましあったり、担任・担任助手の方が勇気付けてくだっさたため最後まで諦めずに頑張ることができました。周りに支えあう仲間がいることや、応援してくれる人がいる環境は東進ならではの良さだと思います。

私は将来、英語の先生になりたいと思っています。それは、私を支えてくれた人たちが自分のことのように合格報告を喜んでくれ、それが何よりも嬉しく、今までたくさんのことを我慢して頑張ってきてよかったとこの受験を通して思えたからです。今度は私が周りの人を自分の得意とすることを活かして支えていきたいと思っています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつも志望校に合格できる気がしてくるような前向きな言葉をかけて下さったこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私は東進に知り合いが少なかったので、いつも声をかけてくださったのがとても嬉しかったです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

東進の模試は難しいので、復習重視で取り組んでいました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

勉強に集中できる環境が整っていたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

他愛のない話が息抜きになりました。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

受験期に支えてくれた人たちのおかげで第一志望に合格することができたと思うので、今度は自分が周りの人を支えていきたいです。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル世界史Ⅴ~Ⅷ 西洋史編(ヨーロッパ・アメリカ地域) 】
フランス革命やアメリカ独立戦争など、確実に抑えておきたいところがとても詳しく載っているから。

【 ハイレベル世界史Ⅹ〔近現代史②〕現代の世界 】
現役生は手薄になりがちな近現代史の特に東欧や南米なども分かりやすく書いてあるから。

【 早大英語 】
速いテンポで集中力が鍛えられるから。

 慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 32

友達にシェアする