2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

上智大学
経済学部

no image

写真

橋本恭典くん

東進ハイスクール町田校

出身校: 桐光学園高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: バスケットボール

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

中途半端にやるよりはやりきったほうがいい

 僕は、高2の3月に自分のペースでできるから東進に入学しました。

バスケットボール部に所属していて、部活の練習は週6日と長く、引退は高3の6月と遅い方だったので、どれだけ時間をうまく使うかが大切でした。なので部活が遅く終わっても東進に来たり、休日は朝早く行ったり、電車の中、歩く時など全ての時間を使っていました。

おススメの講座は「スタンダード物理 PART1」です。やまぐち先生の授業を聞いていると面白いうえに、わかりやすく、力がつく。この授業がなかったら物理はできるようになっていなかったと思うからです。また、「センター試験本番レベル模試」は自分の出来ていない部分を理解できるし、センターの問題に慣れることができました。

結局推薦入試で合格しましたが、その準備を始めたのは9月で、夏休みまでは普通に勉強してました。一般も推薦も考えている人は両立は相当大変です。自分はあまりに大変で一度推薦入試をやめようとも考えました。でも、中途半端にやるよりはやりきったほうがいいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

推薦入試で合格した時も喜んでいただきました。また、合格した後のこともしっかりと考えていらっしゃって、相談する時も穏やかに相談にのっていただきました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

周りがどれくらい頑張っているのかなーと思いながら、自分も頑張ろうと思える場でした。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の出来ていない部分を理解できるし、センターの問題に慣れることができるから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

忙しい部活で時間を取ることが難しかったから

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

周りがどれくらい頑張っているのかなーと思いながら、自分も頑張ろうと思える場でした。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

東進に入る時間が遅くなり、30分、1時間という短い時間の中でも集中してやる力を身につけることができました

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

とりあえず何かしら勉強していた

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

学校で友達と話すこと

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

オープンキャンパス

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

大変だったけど友達もいたので楽しかった

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

環境問題を解決する

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
自分のペースでできるから

担任指導
いつでも気楽に相談できる

東進模試
他の予備校よりも難しく、できると自信につながる

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 PART1 】
やまぐち先生の授業を聞いていると面白いうえに、わかりやすく、力がつく。この授業がなかったら物理はできるようになっていなかったと思うから。

【 受験数学Ⅲ(基礎) 】
大吉先生の授業はわかりやすく、問題を解くときの技術を多く学ぶことができたから。

 上智大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 7

大吉巧馬先生

受験数学Ⅲ(基礎)

学校や独学で学んだ数学Ⅲを編集し直し、受験レベルまで学力を高めます!

数学Ⅲの基本を学習し終わった人が、受験用の数学に切り替えていくための講座です。独学や学校で数学Ⅲを既習済みであれば、高等学校対応数学Ⅲを受講していなくてもついていけるように授業を展開していきます。高等学校対応数学を受講した生徒は、1つ上のレベルである 受験数学Ⅲ(応用)の受講をおすすめします。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:数学Ⅲを履修済で、数学Ⅲの学力を受験レベルまで上げたい生徒