2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

大分大学
医学部

no image

写真

添田洋平くん

東進衛星予備校大分西校

出身校: 大分上野丘高等学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: ソフトテニス 副キャプテン

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

一つ一つのことに丁寧に取り組む

 僕が大学受験を通して大切だと感じたことをお話します。それは、日常生活にも言えることですが一つ一つのことに丁寧に取り組むということです。数学、理科といった理系科目は問題の難易度が上がるほど単なる公式の当てはめやパターン化では解きにくくなります。確実に点を取り、減点されにくい答案を目指す際に各単元の理解は欠かせません。

僕はずっと理科に苦手意識を持っていました。もっと早くから丁寧なやり直しに取り組めていれば、三年生からの演習で時間がかかったり点数が取れないと悩まされたりすることもなく、むしろ理科を得意科目にできていたかもしれないと感じています。だからこそ早めに受講をして丁寧に復習し、わからなかったところは質問したり、講座を何度も受けなおしたりということが大切です。

わからなかったところをまとめて書き込んでおくメモ帳のようなものを早いうちから作っておくのもよいと思います。毎日学校に部活にと忙しいと思いますが、自分自身の志望校合格に向けてがんばってください。また、面接のある方は日ごろの生活においても他人と話すときの表情や姿勢、生活習慣などにも気をつけておいたほうがよいと思います。

最後に、僕はこの三年間多くの人に支えられてきました。毎日健康を気遣い見守ってくれた両親、質の高い授業を提供してくださった学校の先生方、面接指導をはじめとして僕の弱いメンタル面もサポートしてくださった東進の先生方、そして最後までいつもどおりに接してくれた友人達。これらの人々に感謝しながら、夢の実現に向けて努力を怠ることなく、新しい環境でも精一杯がんばりたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

グループ・ミーティング

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

数学、理科の質問対応

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

社会の復習

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

体験受講をして、講座がわかりやすいと感じたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

受講の声かけなどをしていた

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

協調性 仲間

Q
夏期合宿・冬期合宿に参加した経験があれば、参加して良かったことを教えて下さい。
A.

勉強する習慣

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

友達と話した

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

周りの友人

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

地元やりたいことがあったから

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

周囲の友人などと切磋琢磨して乗り越えていくもの

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

医師

Q
東進のおすすめは?
A.

確認テスト
すぐに復習できるから。

高速学習


講座修了判定テスト


Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】
物理の根本から理解させようとしてくれるから。

【 医学部・歯学部総合英語 】
医療系の問題に多く触れられるから。

【 ハイレベル化学 理論化学 】
高校化学以外のことも教えてくれる

 大分大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 9

宮崎尊先生

医学部・歯学部総合英語

医学系トピックを中心に徹底読解演習

医学部・歯学部の入試問題では、医学系の話題を扱った英文がしばしば出題されます。この講座では、そうした医学系トピックの英文を多く扱い、特有の語彙や背景知識を身につけながら、医学部・歯学部入試に対応できる英文読解力を養成します。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:医学部・歯学部を第一志望とする生徒