2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

青山学院大学
地球社会共生学部

no image

写真

河合莉子さん

東進ハイスクールたまプラーザ校

出身校: 森村学園高等部

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: テニス部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

東進で勉強の習慣が身についた

 私は東進に入って良かったと思う点が2つあります。

一つ目はシステムが充実していることです。私は東進に入る前に集団塾に通ってました。集団塾の授業は一人一人の進度に合わせず淡々と進むため授業中分からなくなった時や聞き取れなかった時に、質問出来ない雰囲気でした。また集団塾は決められた時間に授業がありスケジュール調整の融通が利かず、振り替え出来たとしても別の校舎に行かされる、先生が変わり授業のやり方が違うなど不満な点がありました。

反対に東進の映像による授業は聞き取れなかった時は巻き戻しや一時停止をするなどして、しっかりメモを取ることが出来ます。また自分の都合のいい日程に授業を入れられ、振り替えや自宅受講はいつでも受けられるので、時間割調整の融通が利きます。これらのシステムは凄く私に合っていました。

二つ目は校舎の雰囲気です。私は最初東進に馴染めなかったけど、担任助手の方からの受付での声掛け、グループ・ミーティングなどを通して徐々に馴染めるようになりました。東進に通うのが退屈ではなくなりモチベーションも上がりました。東進はどんな時でも切磋琢磨し合える友達、辛いときに支えてくれる担任助手の方がいます。これが最大のいいところです。

結果的に私は指定校推薦で合格しましたが、それは東進で勉強の習慣が身についていたおかげだと思います。定期試験前は受講を止めて試験後に振り返る、世界史などは学校の試験に出るの範囲を優先的に受講するなどして試験に備えることができました。校内選考通過後も、添削付きの小論文の講座を受け推薦試験の対策ができました。合格後も以前と変わらず応援してくれた担任助手の方のおかげで東進に通い、大学に必要な勉強をすることができました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

勉強面でもそれ以外のことでも悩みを聞いてくれた

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

返却が早いです

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

姉が行ってたから

Q
東進を選んだ理由
A.

システムに惹かれた

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

周りの様子を知り自分も頑張ろうという刺激になった

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

精神力

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

塾内合宿

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

周りとの差を感じたとき

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

グループ・ミーティング

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

やりたいことがあったから

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

世界の発展のために少しでも力を尽くす

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
模試の得点upに繋がります

部活生特別コース
部活後の夜遅い時間でも受講可能です

実力講師陣
自分に合った先生を選べます

Q
おすすめ講座
A.

【 安河内哲也の有名大突破! 戦略英語解法 】
急に英語のセンター模試が40点upしました

【 難度別システム英語 文法編Ⅳ 】
基礎固めに最適です

【 小論文の基礎 】
小論文の書き方を一から丁寧に教えてくれます

 青山学院大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 436

友達にシェアする

安河内哲也先生

難度別システム英語 文法編Ⅳ

志望大学に合格する基本の文法力はこれで完璧!

私大入試では、文法問題に正解できるかがもっとも大きなポイントです。この講座では、頻出の文法問題を題材に重要文法を網羅的に学習します。網羅的な体系学習が終わった後は、実戦演習。本番を意識したさまざまな形式の問題で文法力を確実なものにします。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:高校レベルの文法力は身についているが、入試レベルの学習はまだできていない生徒