2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1244人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

明治大学
政治経済学部

no image

写真

廣川瑛さん

東進衛星予備校勝田台校

出身校: 佐倉高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: ソフトテニス 副部長→部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

英単語や英文法、漢字、古文単語などの基礎知識を早めに身につける

 東進に通い始めた時は、授業も面白いし、勉強した分だけ成績が伸びているような気がして楽しかったです。

英語の千題テストでは、自分の課題がはっきりして、今何をすべきかをしっかり把握することが出来ました。センター前はとりあえず過去問と単元ジャンル別演習講座で演習を重ね、直前は高速マスター基礎力養成講座で速く解く練習をしました。また、模試の時から、英語のリスニングの前に携帯で少し早めの英語を聞いて耳を慣らすようにしていました。センターが終わってから私大入試まではあっという間でした。過去問演習と足りない語彙力を補うのとで必死でした。

しかし、今考えればもっと出来ることはあったと思います。特に単元ジャンル別演習講座が解ききれなかったのは残念でした。今振り返ってみて、後悔もたくさんありますが、最後まで志望校を下げずに受験できて良かったと思います。

勉強の仕方は人それぞれだと思いますが、気をつけるべきことがいくつかあると思います。一つ目は、英単語や英文法、漢字、古文単語、現代語などの基礎知識を早めに身につけるようにすることです。演習のときに楽になると思います。二つ目は、単元ジャンル別演習講座や苦手な科目の問題集をたくさん解くようにすることです。この時間を確保するためにも一つ目は大切だと思います。三つ目は、過去問をたくさん解くようにすることです。過去問を解くことで、問題の傾向を把握できたり、時間配分の目安を決められたりして、当日に落ち着いて受験できました。

四つ目は、人とのコミュニケーションについてです。学校帰りなど一秒でも無駄にしたくないと思うかもしれませんが、私の場合、人と会話することで緊張がほぐれて、あまり思いつめずに受験を終えられたように思います。自分以外をシャットアウトせずたまに周りに目を向けると、少し楽になれると思います。五つ目は、模試の結果や他人にいちいち左右されないことです。私はセンター試験の直前でも第一志望はE判定だったし、他の人が使っている参考書の方が良いんじゃないかと思ったこともありました。でも実際に受験をしてみて、判定が悪かったところでも合格できたし、自分の使った参考書が悪かったと思ったことはありません。自分の意思で受験をするのが大切だと思います。

そして最後に、受験科目をしっかりチェックしておくことです。このような間違いをする人が私以外にいるのかはわかりませんが、私は途中まで私大の入試で漢文は必要ないと思っていました。「国語総合」という科目に漢文が含まれることを理解していなかったからです。このような勘違いで授業を受け損ねるのはとてももったいないと思います。受験科目だけでなく利用できる制度や出願方法など、入試に関して詳しく調べておくべきだと思います。

大学受験は上手くいかないことばかりで、たくさん迷って悩みました。こうした経験を糧に、自分の夢の実現に向け、日々努力していきたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の学習に足りないもの、例えば英単語の学習が最近できていないなど、的確に指導していただきました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私が人見知りであまり話したりすることは出来ませんでしたが、わからないことを丁寧に教えていただきました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の実力がどのくらい足りないかよくわかるため。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

前に行っていた塾に、自分のレベルにあった授業がなく、映像による授業の種類も少なくて不安だったため。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングで自分の学習状況を振り返り、改善するようにしていました。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

部活動では、初めて人をまとめる仕事につき、その大変さを学びました。

Q
参加して役立ったイベント(特別招待講習・公開授業・塾内合宿等)とその感想
A.

英語の千題テストは、自分の苦手を見つける良い機会になりました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

5月ごろが一番辛かったです。勉強に関係ないところで自分にとって辛いことがたくさんあって精神的に一番弱っていたと思います。でも、家族や友達と過ごすうちに少しづつ気持ちを切り替えられました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

ダメだった時の模試を見たり、志望校のパンフレットをながめたりしました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

自分の将来の夢を叶えるのに良い環境だと思ったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

楽しかったり苦しかったりするもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

国家公務員の試験に合格し、国会に関わって自分の目で日本の行政を見てみたいと考えています。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
自分の実力がわかるし、解きなおしも簡単であったため。

高速マスター基礎力養成講座
時間制限があってどんどん進められるし、センター試験前は時間を意識してとく練習になったため。

実力講師陣
苦手な科目でも授業が楽しくて勉強を継続できたため。

Q
おすすめ講座
A.

【 英文読解-速読テストゼミ(私大型)- 】
私大の過去問を解いていて英文を読むペースが落ちてしまって、速読が出来なくなっていた時に良い練習になったため。

【 今井宏のA組・英語上級パワー養成教室 】
この講座だけでなく、今井先生の授業は面白くて英語が苦手でも楽しく勉強できたため。

 明治大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 39

友達にシェアする