2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1000人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
法学部

no image

写真

野口真央さん

東進ハイスクール春日部校

出身校: 開智高等学校

東進入学時期: 高1・2月

所属クラブ: バレーボール部 副部長、会計

引退時期: 高2・9月

この体験記の関連キーワード

自分に合っていて、志望校合格に適した計画を立てることができた

 高1の2月に東進に入りました。合格実績が良かったこと、映像による授業だったので自分のペースで進められることが入学の理由です。

東進では定期的にイベントがあり、勉強へのモチベーションを保つことが出来ました。中でもホームルームでは志望校に向けてどのように学習を進めればいいのかの指針や目標の立て方を教えてもらうことが出来たので、自分に合っていて、かつ、志望校に合格するのに適した計画を立てることが出来ました。

私のおススメは東進模試です。定期的に自分の学力を計ることが出来るので、目標を立てやすかったです。また、早いうちからセンターを意識した勉強をすることが出来たので良かったです。とくにセンター試験本番レベル模試は、点数や、入試に必要な基礎力を自分がどれぐらいつけているのかが分かるので、勉強する際に目標を作りやすかったです。

また東進は映像による授業なので、部活や学校の特別講座とのバランスを崩すことなく自分のペースとレベルで授業を受けることが出来たことが良かったです。担任助手の方には、将来の夢や、実際の大学生活のことを聞けたのが楽しかったです。また悩んだ時に、相談に乗ってもらえたのでくじけずに頑張ることが出来ました!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
定期的に自分の学力を計ることが出来るので、目標を立てやすかったです。また、早いうちからセンターを意識した勉強をすることが出来たので良かったです。

過去問演習講座
過去問の採点や、点数の目安を知ることが出来たので、受験期のモチベーションにつながりました。

担任指導
将来の夢や、実際の大学生活のことを聞けたのが楽しかったです。また悩んだ時に、相談に乗ってもらえたのでくじけずに頑張ることが出来ました!

Q
おすすめ講座
A.

【 吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文 】


【 難度別システム英語 文法編Ⅲ 】


【 ハイレベル小論文トレーニング(基本編) 】


 慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 140

友達にシェアする

吉野敬介先生

吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文

単語・文法おいしいとこどり! 超頻出文章で的中間違いなし!

どんなに古文が苦手な君でも、古文大好き人間に変えてしまい、一気に合格点を取らせる連続集中講義だ! まずPART1の古文文法で「おいしいとこどり」で超出るところだけやっていく。センターの文法ならばっちりで、今まではずしたことは一度もない。そのツボをしっかりと押さえた上で、PART2以降は超頻出の文章だけを扱い、丁寧にわかりやすく、何度もくり返し問題の解き方を伝授していく! 過去の問題を分析し、研究しつくされた配列で、君の頭をバッチリ整理するぜ! 古文はもちろん、受験を勝ち抜く「やる気」が燃え上がるドラマチックで熱い講義を体験してくれ。PART4が終わった後、君は古文大好き吉野大好き人間に変身している。(必ずPART1から順に受講すること!)

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:古文アレルギーをなくして、古文を得意科目・得点源にしたい生徒

渡辺勝彦先生

難度別システム英語 文法編Ⅲ

英文法をじっくりマスターして一気に実力アップ!

この講座では、英文法の各項目の基本知識を確認し、入試文法問題に対応できる実戦力をじっくりと養成します。授業は、豊富な例文を使った解説から練習問題へ無理なく進んでいきます。予習→授業→復習→確認テストの順で、知識の理解と定着を丁寧に確認しながら着実に文法力をつけたい人にお薦めの講座です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:高校基礎レベルの文法学習を修了している生徒

樋口裕一先生

ハイレベル小論文トレーニング(基本編)

ゼロから難関大へ、スタートの一歩

どんな初心者でも難関大で高い評価を得ることができる小論文を書けるようになる、その第一歩となる授業です。まず小論文とは何か?を知る、基本的な書き方と学習方法を知る、そして平易なテーマで書いてみることからスタートします。10回の授業と2回の添削を通して、標準的なレベルの小論文がしっかり書けるようになり、本格的な難関大対策に向けての基礎が固まります。

90分×10回+講座修了判定テスト0回

対象:難関大入試で小論文を必要とする生徒 初学者もOK