2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

明治大学
商学部

no image

写真

二見悠介くん

東進ハイスクール武蔵小杉校

出身校: 川和高等学校

東進入学時期: 高2・5月

所属クラブ: ハンドボール 部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

担任との目標設定からやる気が出て、英語に自身がついた

 私が東進に入ったきっかけは学校での模試で全く結果が振るわなかったことでした。部活づけの毎日で勉強する気力も時間も無かったからです。

私は三年間ハンドボール部に所属していました。月曜日以外の平日は毎日朝練、昼練、放課後練。土日も朝七時半から一時まで練習。家に帰ってきても疲れてすぐに寝てしまう。勉強なんて知らない。そんな毎日でした。そのおかげで校内模試では下から30番あたりをいつもとってました。そんな日々が続いて高校一年が過ぎ、流石にまずいと思って東進に入学しました。

東進の1番の利点はやはり映像による授業です。時間がない中でも授業を受けれるのは本当に便利だし、融通がききます。しかし、入学したのはいいものの結局面倒くさい、今日は疲れててるし、今やらなくても、と自分に言い聞かせてほとんど行かない日が続きました。

そんな時、その当時の担任の先生と面談してある目標を設定しました。「英語を高三の四月までに完成させること」 これを決めたのは高二の九月ごろで当時のセンター英語の点数は五割くらいでした。目標は四月の模試で八割到達。点数でいうと、7ヶ月でおよそ70点くらいあげる。

部活の後に勉強する気にはならない。だけど、英語だけでいいなら、そう思うと少し気が楽になり、以前よりやる気が出ました。受講も英語だけに絞り、高速マスター基礎力養成講座も活用しながら勉強を進めていきました。目標にしていた4月模試では八割に届き、少し自信がつきました。

後になって思うと、ここで英語だけでも頑張ったことで三年で本格的に始めた受験勉強が楽になりました。英語は大丈夫という気持ちになれたので他教科にじっくりと時間をかけて勉強できました。英語ではなくても、何か一つの教科だけでも点数が安定して取れる科目があることは非常に重要なことだと感じました。

また、もう一つ東進ハイスクールのメリットはグループ・ミーティングです。週に一回あるグループ・ミーティングで受験勉強の辛さや苦しさを友達と共有できることは自分にとっては心の支えになりました。友達としゃべることで元気が出て頑張れました。それだけではなく、同じ志望校の友達との話を聞いて自分はどこがたりてなく、どこが十分なのかも知ることができます。仲間と切磋琢磨しながらお互いを高め合える良い関係でした。

仲間がいなかったら私はこんなに頑張れていなかったと思います。またこの環境作ってくれた両親、塾の担任、担任助手の方々に感謝したいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

親身に相談に乗ってくれたこと

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分の課題、やるべきことを明確に指し示してくれたこと

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

部活と両立したかったため

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

受験の苦労を共有できたこと

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 西きょうじの飛翔のための英文読解講義(応用) 】


【 渡辺勝彦の有名難関大<逆転合格>へのスーパー総合英語 】


【 早大現代文 実力錬成編  】


 明治大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 56