2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

日本女子大学
文学部

no image

写真

天沼京花さん

東進ハイスクール大宮校

出身校: 淑徳与野高等学校

東進入学時期: 高3・2月

所属クラブ: 家庭科

引退時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

大嫌いだった世界史を得意科目にすることができた

 私は東進に入学したとき、世界史が大の苦手で、模試の点数では40点をきるほどでした。世界史の勉強を全くしていなかったわけではなく、自分なりにワークにまとめたり一問一答を解いたりしていたのにもかかわらず世界史のクラス内順位はいつもほぼ最下位でした。

しかし、東進の講座をとり予習復習をしっかりして受講をし、東進の担任の方に昔使用していたテキストを教えてもらい、また同じグループ・ミーティングの友達におすすめの勉強法を聞くなどして出来るだけたくさんの情報を集めて、その中から自分に合った勉強法で世界史を勉強していくうちにだんだんと理解が深まるようになりました。

それでも模試の点数はまだ半分ほどで、志望校の赤本を解いても4割程度しかとれず、これだけやってるのにどうして成績がついてこないんだ、と思い悩んで勉強をやめたくなることもありました。でもいつか努力は実を結ぶと信じて、電車の中で自分で作った年表を見たり、お風呂の中で年号を唱えたり、記憶が残りやすいとされる寝る直前に資料集で視覚的な知識を詰め込んだりと、自分なりに工夫を凝らしてとにかく必死にすきま時間も世界史の勉強にあてました。

その成果が目に見えて出たのはセンター直前の世界史千題テストでした。自分でも驚きましたが、いくつかの単元で校舎内で1位をとることができました。そこで自信がつき、センター試験本番では自分の納得のいく点数まで持っていくことができました。最後まで諦めず苦手科目と向き合い、必死に勉強して、大嫌いだった世界史を得意科目にすることができたことは、私の中で受験生活を通して胸を張って成長できたといえることです。

大学でも、好きになった世界史を学びたいと思い、イギリスやアメリカの歴史や文化などを学べる英文学を専攻しました。英語や第二外国語なども頑張って、いろいろな国に行き世界史で学んだ知識を自分の目で確認し、世界中の人々の生活や考え方、国ごとに異なる文化などを学んで、自分の視野を広げたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

直前期の模試で結果が思うように出ず苦しんでるときに、隣に寄り添って私の成績の現状を考えて様々なアドバイスをしてくれたのがとても心強かったです。焦りと不安で精神的につらい時期だったので、隣で話を聞いてもらうだけで心がすっきりしました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分は今の時期こういう成績だったけど何々をして成績が上がった、という話をきいたり当時のテキストやノートを実際に見せてもらって刺激を受けました。逆に後悔したことや失敗したことなど、担任助手の方の高校時代の実体験を含めたアドバイスがとても勉強になりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

先輩に、模試で出た問題が本番そのままでたことがあると聞いたので、復習は毎回ちゃんとするようにしました。英語長文は、点が取れなかった大門を読み返して内容を十分に理解し、音読して、なぜそこを間違えたのか、次にどういうことに気をつけるかを分析していました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

0

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで授業を進められる点に魅力を感じたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングで顔を合わせるたびに、みんなで近況報告をしたり、勉強法を共有したり、少しだけ勉強のことを忘れてくだらない話で笑いあったり、楽しい時間をすごせたのでとても心の支えになりました。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

夏休み必死に勉強した後の9月・10月模試で結果が思うように出なかったときはとても辛かったですが、部活を終えた友達たちが死に物狂いで受験勉強に取り組み始める様子をみて、私も負けてられない、と思い、追い越されないように必死に頑張りました。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

自分より成績が低いだろうと思っていた友達が指定校推薦で良い大学をとったのを耳にしたときは、俄然やる気が出ました。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

ずっと自分にとっての憧れの場所で、高校受験で落ちてしまってからリベンジ精神で自然と大学も同じところを目指したいと思いました。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

耐久力がつけられるもの

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

いろいろな国を旅して、世界中の人と楽しくコミュニケーションをとりたい。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード世界史IX~XII(現代世界の成り立ち) 】
学校の授業では教えてくれないような細かい背景知識を教えてくれるからすごく楽しいし、世界史が好きになる。講師の書く国同士の相関図のようなものもわかりやすく、戦いの様子などがイメージしやすい。

【 過去問演習講座 センター対策 】
大門別に演習できるから、自分の苦手なところや足りないところを重点的に勉強できるのがいい。直前期のアウトプットにも役立つ。

 日本女子大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3