2019年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

ぞくぞく公開中!1242人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

同志社大学
文学部

no image

写真

土屋真希くん

東進衛星予備校有松駅前校

出身校: 名城大学附属高等学校

東進入学時期: 高1・8月

この体験記の関連キーワード

受験に勝つ人は、自分に合った勉強法を早期に見つけることができた人

 正直、僕は無事に志望校合格を果たすことができて嬉しいというよりむしろ、ホッとしています。それは、自分のやってきた勉強が正しかったと思えたからです。そして今、改めて受験勉強していた日々を思うと、充実した毎日を送っていたなと考えさせれます。毎日単語帳を開きながら電車に乗り、学校で授業を受け、友達とクイズを出し合ったり、帰りの電車でも単語帳を開き、そして東進に行って勉強をする。そんな毎日が非常に内容が濃くまだそれほど日数が経っていないのにもかかわらず、懐かしい気持ちもします。

さて、晴れて僕も4月から大学生です。しばしば日本では、大学に入ることがゴールであると考える人が多いように思います。しかし僕は違います。自分にとって大学に入ることはスタートに過ぎず、大学で何を学ぶのか、そして大学で何を得るのかが重要であると思います。したがって、僕は英文科に入ることを目標とせず、そこで自分の英語力を向上させ、世界の人たちと交流をして他人をおもいやり、自分の意見を持てるようになることを目標とします。僕がそう思えたのも東進の先生方が雑談で言ってくださったことがきっかけとなっています。

今後受験を控えるみなさんには、自分に合った勉強法を確立してほしいと思います。一人ひとり勉強の仕方や時間が違うのは当たり前のことなんです。何も他人と違うからダメということはありません。そして仮に今の勉強法が自分に合っていないと感じたら変えればいいだけなのです。逆に合っていると感じるなら変える必要は全くないのです。また自分に合った勉強法がわからない人は試しに何でもやってみて何が合って何が合わないかを感じてほしいです。

そして東進に通っているみなさんには、信頼できる担任助手の方々がいるはずです。その人たちを頼ってください。必ず力になってくれます。受験に勝つ人は、自分に合った勉強法を早期に見つけることができた人だと僕は思います。だからみなさんは落ち着いて自分と向き合い探してください勉強法を。

受験は何かと焦るものです。しかし、焦っても良いことはありません。落ち着いて勉強を淡々と進めてほしいです。そうすれば、今は結果がでていなくても最後には笑顔になっている自分に出会うでしょう。いや出会います!そうなることを信じて勉強に取り組んで下さい。頑張って!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

大学の沢山の情報を教えて下さりとても役に立った。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

グループ・ミーティングなどで実際の受験時代の経験したことなどを教えてくださってとてもためになった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
東進を選んだ理由
A.

最寄り駅に近く、また体験授業をした際に、他の予備校の授業よりも格段とわかりやすく、ここなら嫌いな教科も進んで勉強できると思ったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングでは単語テストがとても役立ったように感じる。またグループのメンバーと勉強法をシェアすることができたという面でとてもよかった。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

少しでも時間があれば単語帳を開くなど時間を有効活用してほしい。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

自分にとって最悪な結果になることを想像する。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

同志社大学のオープンキャンパスに行った時、そこだけ雰囲気が違うような感じがしてほかの大学では感じないような引き付けるものがあった。また大学の説明でも一人ひとりの学生が本当に丁寧で生き生きしていてそれを見て憧れたため。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

つらい部分もありながらも何か生きていく上で役に立つもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

困っているひとを進んで助けられる人間になりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
自分のペースで進めることができ、復習したいときは何回も復習することができるという点でとても有効であると言える。

過去問演習講座
これは10年間の過去問をすることができ、さらに一問一問丁寧にわかりやすく解説してくださった。これのおかげで合格に近づいたと言える。

実力講師陣
これは㎝でも言われているように、本当にどの講師もおもしろく、教え方が上手で、おそらくどの予備校にも負けないと思います。

Q
おすすめ講座
A.

【 吉野敬介の関関同立古文スペシャル 】
関関同立を目指す人はこの講はとてもためになると思います。吉野先生の雑談はとてもおもしろく、古文が嫌いな人も進んで勉強できるようになっています。

【 スタンダード世界史IX~XII(現代世界の成り立ち) 】
荒巻先生の特に20世紀を扱うこの講では自分で勉強しにくい複雑な20世紀の世界を本当にわかりやすく、さらに自分で考えさせられるような積極的な学びを提供してくれた。また荒巻先生がおっしゃった「歴史とは、失われた過去を見ようとする努力」という素晴らしい言葉は今でもしっかりと心に残っています。

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
自分が最も感動を覚えた授業を展開してくださった。その当時自主的には勉強しなかった自分が進んで勉強を取り組めるようになったのもまさに今井先生のおかげです。実際、自分は英語がより一層好きになり、大学でも深く英語を学ぶために英文科を志望しました。自分の生き方にも影響を与えた今井先生の力には、ほかの人が持っていない何かすごいものがあるように思います。

 同志社大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒