こどものことを真剣に考えた こどものためだけの英語塾

レッスンとホームレビュー

無料体験レッスン

セサミストリートを使った楽しいレッスン

リズムで発音を学ぶ「チャント」や、自然に英語に触れることのできる「歌」「ダンス」、タッチパネルを使った「ゲーム」など、毎回のレッスンは楽しいアクティビティが盛りだくさん!

こどもを飽きさせない構成で、「楽しい」→「やる気」→「できた!」を繰り返していきます。受け身ではなく、自ら楽しんで参加することで、学習効果を高めます。

先生の合図で、出席をとって、英語の世界へ。HelloSongを歌って、レッスンが始まります(幼児・小学生)。

“DiNosaur”“roar”“DiNosaur”“roar”画面にネイティブが登場、その日に学ぶ内容(レッスントピック)を解説します。その後は、Chantで楽しみます。リズムにのって声に出し、体を動かしながら英語を吸収していきます!

レッスントピックにまつわる映像を見て、英語で知識を広げます。先生とのやりとりをしながら、ゲーム感覚のレビューを行ないながら、トピックへの理解を深めていきます。

歌やダンスを通し、体全体で英語を楽しむアクティブな時間です。

Goodbye Songを歌ってレッスン終了。先生からプリント(Homework)を受け取って終了です。プリントは翌週のレッスンで提出します。

レッスンが終わるごとに新しい映像を見られるようになります。ネイティブのナチュラルスピードの英語のシャワーを浴びましょう!

ホームレビュー

インターネット学習「ホームレビュー」は、東進こども英語塾独自のシステムです。どんなに良い先生のレッスンでも、週1回では生きた英語を身につけることはできませんので、東進こども英語塾は「いつでも」「ご家庭のパソコンで」「ネイティブの良質な英語に触れられる」ようにしています。東進こども英語塾はホームレビューにより、教室のレッスンに使われた映像教材に繰り返し触れて定着を高め、さらに、アメリカでこどもたちに大人気の教育番組を通じて、英語習得に必要なインプットを増やします。

楽しいから続き、毎日良質な英語に触れられるシステム。それが、東進こども英語塾のインターネット学習「ホームレビュー」です。

圧倒的な量の英語に触れる

しっかりした英語力の土台を作るためには、量が勝負。教室でのレッスンとともに「ホームレビュー」が必要不可欠です。ご自宅でインターネットを通して毎日英語に触れることができるので、英語力がいつの間にか着実についていきます。レッスンで見た映像のほかに、セサミストリートを含むアメリカの子供向け人気番組を最大7本まで視聴することができます。

  • 幼少期なら1,000時間でマスター! 例えば、親の海外赴任に帯同してこどもが海外に渡ると、約半年のサイレントピリオド(言葉を発するための準備期間)の後、一気に発話するようになると言われています。それが約1,000時間です。東進こども英語塾では、日本にいながらにして、それとほぼ同じ量と質の英語に3.5年で触れることができます。
  • 東進こども英語塾に通ったら 3.5年/中学以降で始めたら 10年
  • 幼少期から英語を始めるメリットは?「幼少期は、英語を学ぶのに最も適した時期です。それは、こどもの脳がまだ発達段階にあるからです。単語・文法等の暗記型学習法は論理的なため、脳が発達した中学生以上にはとても効率的です。一方、こどもは論理的な意味づけなしに直接吸収する能力が高いので、翻訳せずにダイレクトに身につけることができます。これが、「言葉としての英語」を身に付けるには大きなメリットになります。」

2015年3月

繰り返すことで、定着を促進する

こどもの持つ才能は、2~3回見聞きした内容を、そのまま自分のものにできることです。東進こども英語塾のホームレビューは、こうした力を活かす様、実際のレッスンで使用した映像教材と同じ内容に繰り返し触れられます。楽しいレッスンを再現するように、こどもたちの力を引き出し、吸収効率を高め、定着を促進します。覚えるのも忘れるのも早いこども達ですが、東進こども英語塾のホームレビューは楽しく繰り返せるから、1週間たっても忘れずに、時には自然に口ずさむようになります。

  • ホームレビューで忘れる前に反復し、記憶を定着させる
  • レッスンの映像「同じテーマに触れる」 楽しい記憶を自宅で再現!

人気の教育番組で楽しく

東進こども英語塾のホームレビューは、レッスンの映像教材に加えて、アメリカで大人気のこども向け教育番組を見ることができるシステムです。ネイティブの自然な表現にナチュラルスピードでドンドン触れながら、英語のインプットを増やすことができます。

また、レッスンに参加するたびに、新しいエピソードをみることができるようにし、好奇心旺盛で新しいものに敏感なこども達の興味を引きつけます。

DiNosaur Train

DiNosaur Train

ティラノサウルスのこどもバディが原始時代を電車で探検。恐竜の様々な不思議を学びます。

映像を見る

[⇒]ストーリーの詳細を見る

Caillou

Caillou

4才の男の子カイウのお話。新しい発見を積み重ね、毎日がワクワクする冒険です。

映像を見る

Sid the Science Kid

Sid the Science Kid

ラップのリズムに乗りながら5才の男の子シドが身近な疑問を自分で観察し、自分の力で調べて答えを出します。

映像を見る

Super Why!

Super Why!

本棚の中にある世界に住むワイアットが仲間と一緒に様々な問題を解決していきます。

映像を見る

Super Reviewersってだれ?ホームレビューってなに?毎日英語ってなぜ?

東進こども英語塾の「ホームレビュー」は、本物の英語に、毎日触れることを可能にしました。
ご自宅で、レッスンの復習だけでなく、アメリカで大人気の子供向け教育番組を見ることができるのです。
「ホームレビュー」は、東進こども英語塾が誇る独自のシステムです。
そんな「ホームレビュー」を、特に楽しんでくれているのが“Super Reviewers”たちです。
このコーナーでは、英語の力をぐんぐん伸ばしている“Super Reviewers”たちの、熱く楽しいメッセージを定期的にご紹介します。
[→]「ホームレビュー」の詳しいご説明はこちら

Super Reviewer No.19

柳瀬 実優ちゃん(神奈川県 大和栁橋教室・P3コース)テキストテキストテキスト

「“Dragon Tales”ではキャシー、“Super Why”ではプリンセス・ピー、“DiNosaur Train”ではタイニーが好き!」とキャラクターについて詳しく話してくれたのが、今回ご紹介するスーパーレビューアーの柳瀬実優(みゆ)ちゃんです。 ホームレビューを毎日見て、生徒発表会で大和柳橋教室からの表彰者第一号となることを目指しています。そのため「熱が出るとホームレビューを見られなくなるでしょう? だから、絶対に風邪をひかないように気をつけているの」と話してくれました。
 本を読むことが大好きな実優ちゃんは、人助けをする物語の本を読んで感動し、将来は困った人を助けるお医者さんになることが夢だそうです。そして、英語が話せるようになってより多くの人を助けたいと思っているそうです。

ホームレビューは弟さんとお母様と3人で見ることが多いそうです。/彬斗君が作ってくれた折り紙の恐竜

 ホームレビューの番組に流れる英語の歌を、実優ちゃんがいつも歌っているため、「歌詞カードもないし、歌詞が画面に出るわけでもないのに、 いつのまにか英語の主題歌を歌えるようになっていて、とても驚きました」と実優ちゃんのお母様が話すと「だって、何回も聞いているから自然に覚えちゃうよ!」と実優ちゃんが答えてくれました。
 英語を話している人たちがとてもかっこよく見えたという実優ちゃん。自分も早く、英語を話せるようになりたいから頑張っていますと話してくれました。P3コースに進級したので、まずはTOEFL Primaryに挑戦したいそうです。実優ちゃん、応援していますね!

「今日見たっけ?」と麻央ちゃん自ら、ホームレビューを毎日見るように心がけています

2015年3月

Super Reviewer No.18

黒田 麻央ちゃん(神奈川県 北山田2丁目教室・P1(小学生スタート)コース)テキストテキストテキスト

「今日見たっけ?」と麻央ちゃん自ら、ホームレビューを毎日見るように心がけています

今回ご紹介するスーパーレビューアーは、英語が話せるようになったら、外国人とたくさんお話をしたいという黒田麻央ちゃんです。困っていたり、異国である日本に住んでいて寂しいと感じていたりする外国人の力になってあげたいと思っているそうです。そんな麻央ちゃんのお気に入りのホームレビューは“Caillou”と“Dragon Tales”で、カイウがお友達とたくさん遊んでいるところと、ドラゴンランドの楽しそうなところが大好きだそうです。また、“Martians Collection”もお気に入りで、楽しくアルファベットの復習ができるため、よく見ているとのことです。
入会当初は、ホームレビューを見る習慣が付くようにと、朝、見るようにしていましたが、今は夕方に見るようになり、「今日見たっけ?」と麻央ちゃん自ら、ホームレビューを毎日見るように心がけているということです。

ホームレビューは弟さんとお母様と3人で見ることが多いそうです。/彬斗君が作ってくれた折り紙の恐竜

「もちろんホームレビューも入会のきっかけでしたが、元々『なんとなく英語が好きになってくれたらいいなあ』という軽い気持ちでいました。でも、レッスンに通い、ホームレビューを毎日見ていくうちに『ああ、英語ってこんな風に身についていくものなんだ』と気づかされました。レッスンにも楽しく通っています。今度コースも上がりレベルアップしますが、きっとついていってくれると感じています。教室でのイベントもとても楽しく、海外の文化を体験できるため、先生にも感謝しています」と麻央ちゃんのお母様が話してくださいました。「英語が話せるといろんな自信につながり、積極的に挑戦できるようになると思っています。現に、シャイだった娘が、少しずつしっかりしてきました」。
麻央ちゃんには、お母様と約束していることがあるそうです。それは、「お母さんと一緒に海外旅行に行って、通訳をしてあげること」。この夢が叶うよう、これからも麻央ちゃんを応援しています。

2014年12月

Super Reviewer No.17

福元 彬斗君(東京都 東村山本町教室・K2(年中)コース)“DiNosaur Train”に登場するDr. Scottが実在する古生物学者だと知ると、「僕もドクター・スコットのような恐竜博士になりたい。もっと英語、がんばらなくちゃ」と元気いっぱいに話してくれました。
将来の夢は恐竜博物館で働く恐竜博士という彬斗君

今回ご紹介するスーパーレビューアーは、恐竜が大好きという福元彬斗(あきと)君です。もちろん1番のお気に入りは“DiNosaur Train”。カイウは2番目に好きだそうですが、その理由はやっぱり「恐竜ごっこをして楽しそうにしているカイウが好きだから」だそうです。
恐竜が好きだから東進こども英語塾へ入会を決めて、恐竜が好きだからホームレビューを毎日見るようになった彬斗君。「DiNosaur Train」に登場するDr. Scottは実在する古生物学者だと知ると、「僕もドクター・スコットのような恐竜博士になりたい。もっと英語、がんばらなくちゃ」と元気いっぱいに話してくれました。

ホームレビューは弟さんとお母様と3人で見ることが多いそうです。/彬斗君が作ってくれた折り紙の恐竜

お母様は「ホームレビューは身近な話題の内容が多いのに、日本と違う習慣を知ったり、新しい発見があったりするところがいいと思っています。ストーリーの中に自分たちと同じような体験が出てきた時は家族で話題にしたりしています」と話してくださいました。また、「ホームレビューを見るようになって、本人の成長を感じます。PCの扱いに慣れてきたということはもちろん、今年の夏には祖父母の家に1人で泊まりに行くなど、精神的にもお兄ちゃんになってきたと感じています」とも続けてくださいました。
彬斗君は日常の会話の中に、ときどき英語の表現が入ることがあるそうです。今後も、恐竜についての知識だけでなく、会話の中に出てくる英語の表現も増えていきそうですね。

2014年8月

Super Reviewer No.16

大内 拓海君(千葉県 市川教室・P2(小学生スタート)コース)「毎日ホームレビューを見るようになって英語がわかってきたので、英語を話そうっていう気持ちになったし、話せるようにもなった」
iPadで見られるようになって、さらに見やすくなりました

「大きくなったら、警察官になりたい。だから英語がしゃべれるようになりたいんだ」。そう話してくれたのは、今回ご紹介するスーパーレビューアーの大内拓海君です。「日本には外国人もたくさん住んでいるでしょ?。英語が話せないと、その人達が困ったときに助けてあげられないから」と、しっかりとした口調で話してくれました。でも、そのあとはちょっと笑って、「かっこいいから、パトカーにも乗りたい」とも話してくれました。

学校の日は、朝にホームレビューを見ているそうです。「入会を決めたきっかけがホームレビューだったのに、当時は見る時間を決めていなかったためか、あまりホームレビューを見ていませんでした。それを、「毎朝見る」という習慣にしたら、今ではもう見ずにはいられないというようになりました」そう笑いながら話してくださったのは拓海君のお母様。「iPadで見られるようになって、さらに見やすくなり助かっています。毎日英語に触れられるという魅力は何事にも代えられません。しかも、子供の成長に合った内容なので、親としてとても満足しています。日曜日などは、家族みんなで楽しんでいます。もちろん8ヶ月の妹も一緒に」。お母様の話を聞きながら、「去年習い始めたときは、ドキドキして英語を言うことができなかった。でも毎日ホームレビューを見て、今では英語がわかってきたので、英語を話そうっていう気持ちになったし、話せるようになったよ」と拓海君も話してくれました。

ホームレビューを『毎朝見る』という習慣にしたら、もう見ずにはいられないというようになりました/日曜日などは 、8ヶ月の妹も一緒に家族みんなでホームレビューを楽しんでいます。

「英語で考えられるようになってほしいですね。我々親の世代は、英語を聞いて訳すということしかできないので。今後も国際化はどんどん進んでいきますから」とは拓海くんのお父様。またお母様は「将来、家族で海外旅行に行った時、拓海にいろいろリードしてもらいたいというのが、ちょっとした夢でもあります」と話してくださいました。

2014年6月

Super Reviewer No.15

白倉 英(はな)ちゃん(神奈川県 上大岡西教室・P2(小学生スタート)コース)「レッスンで習った単語がたくさん出てくるので、ストーリーが楽しい。みんなももっと見たらいいのに!」

今回のスーパーレビューアーは、毎朝、目覚まし代わりに「カイウ」を見ているという白倉英ちゃんです。「カイウは、いろんなことを家族でするところが楽しい」と話してくれました。次に好きなのは、「ドラゴン・テールズ」だそうで、「みんなで話し合って、困ったことや問題を解決するところが好き」と説明してくれました。英ちゃんには、英語が話せるようになってお友達をたくさん作りたいという夢があるそうです。
「レッスンで習った単語がたくさん出てくるので、ストーリーが楽しい。みんなももっと見たらいいのに!」とホームレビューについて英ちゃんが話してくれたことに、「我が家では、家族全員で楽しんでいます。こんな表現もあるんだと、勉強にもなっています」とお父様が付け加えてくださいました。

「カイウは、いろんなことを家族でするところが楽しい」/「ホームレビューは、すごく役に立っています!」

東進こども英語塾の体験レッスンを受けたとき、楽しくて飽きないように工夫されたレッスンだなという感想を持ち、同時に、毎日英語が耳から入ってくるというホームレビューがあると知り、入会を決めたということも話してくださいました。そしてお父様は、次のようにも続けてくださいました。
「これからは英語が重要。だから小さい頃から、楽しみながら無理なく英語に親しめるという点に魅力を感じました。東進こども英語塾に通うようになって、以前は『お姫様になりたい』なんて言っていた娘が“先生”という職業に興味を持ち始めたので、成長しているなと感じています。娘は『英語ができるようになったら、先生にもなれるよね』と言っています。先日は、『あ、これ英語だったんだ』なんて、ホームレビューを見ながら言っていたのには驚きました。耳が英語に慣れてきている、英語が分かってきている、英語を英語として頭に入れて理解しているのだな、と思いました。また、フォニックスのルールに則って単語を読むと、そのアルファベットの発音からスペルが書けるようになるというのにも驚いています」
そして最後に英ちゃんが、「ホームレビューを見ているので、レッスンで読む英語の本もすらすら読めるようになりました。もっと読みたいって思います。ホームレビューは、すごく役にたっています!」とはっきりと話してくれました。

2014年5月

Super Reviewer No.14

森本依空(いそら)ちゃん・茉鈴(まりん)ちゃん(奈良県 イトマン大和郡山教室・P2(小学生スタート)コース)「ホームレビューを見ていたら、英語が少しずつ分かるようになるので、これからも英語がどんどん楽しくなると思います!」
「『なんでそんな言葉知っているの?』とい聞いたら『ドラゴン・テールズの会話で聞いたから』と答えたんです」

今月ご紹介するスーパーレビューアーは、姉妹で一緒にホームレビューをたくさん見てくれている森本依空(いそら)ちゃんと妹の森本茉鈴(まりん)ちゃんです。体験レッスンに参加したあと、2人揃って「やりたい!」と思ったため、東進こども英語塾に通い始めたそうです。
依空ちゃんと茉鈴ちゃんのお気に入りは「ドラゴン・テールズ」で、「緑の恐竜の性格が楽しいから」と依空ちゃんが話してくれました。「教室で毎週ホームレビューを見た数だけシールを貼れるのが楽しみ!」と茉鈴ちゃんも話してくれ、「ホームレビュー画面の星が黄色になっているのも励みになっているようです」とお母様も話してくださいました。

「留学生とコミュニケーションを取るときに、娘たちの方が私たち夫婦よりスムーズな事がよくあるんです」/「ホームレビューを見ていたら、これからも英語がどんどん楽しくなると思います!」

お母様は、ホームレビューについて、「強制はしていないです。本人達の自主性に任せています。そのサポートをするのが親の役目だと思っていますので。ただ、『見るのなら、集中して見なさい』と言っています」と話してくださり、更に続けてこんなエピソードも紹介してくださいました。「最近、モンゴルからの留学生を自宅に受け入れたのですが、コミュニケーションを取るときに、娘たちの方が私たち夫婦よりスムーズな事がよくあるんです。これには驚かされました。怖がらずに、外国の人に話しかけたり、外国の人とコミュニケーションがとれるようになれたらいいと思っています」そんなお母様の言葉を聞きながら、依空ちゃんと茉鈴ちゃんは、「ホームレビューを見ていたら、英語が全部分からなくても少しずつ分かるようになるので、これからも英語がどんどん楽しくなると思います!」と話してくれました。

2014年4月

Super Reviewer No.13

仲田 琴音ちゃん(東京都 神楽坂赤城教室・K3(年長)コース)「早くつけて!」とお母様を急かすほどホームレビューが大好き。
カイウを真似て「I made it!」と言ってくれました。

今回ご紹介するスーパーレビューアーは、神楽坂赤城教室の仲田琴音ちゃんです。毎朝、登園前にホームレビューを見ているそうですが、「早くつけて!」とお母様を急かすほどホームレビューが大好きで、多い時には朝だけでなく1日に3度も見ることがあるそうです。
琴音ちゃんは、カイウが大好きで、カイウが持っているブロック(積み木)と同じような積み木を組み立てて“I made it.”と話してくれました。何度も見ているせいでストーリーを覚えてしまうことがあり、次に出てくるセリフを琴音ちゃんが先に言ってしまうこともあるそうです。入会当初よりも集中して見るようになり、途中で笑ったり、Mr. Noodleのシーンでは、番組の中のこども達と一緒に“No!”とか“Wrong Way!”とか言ったりしているのだとか。
お母様は、「英語は耳から聞くのが一番いいと思っていたので、ホームレビューがあると知って入会を決めました。何か目指してもらいたいと具体的に考えていることはありませんが、英語は話せるに越したことはないですから」と話してくださいました。お正月に家族で温泉旅行に行った時、旅館の人にわざわざ頼んでホームレビューを見ることができる環境を整えてもらったという嬉しいエピソードも話してくださいました。

「お兄ちゃんが琴音ちゃんのために作ったという賞状」/「英語は耳から聞くのが一番いいと思っています」(お母様談)

琴音ちゃんのお兄ちゃんは、琴音ちゃんが毎日ホームレビューを見ていることにとても感動していて、学校のパソコン教室で琴音ちゃんに「がんばり賞」という賞状を作ったという温かいお話も聞くことができました。また、おばあさまとお出かけをしている時、琴音ちゃんがとても綺麗な発音で、英語を大きな声で話すので、おばあさまは、「ちょっと恥ずかしい」と言いながらとても嬉しそうにされているということです。
琴音ちゃん、これからも毎日ホームレビューを見て、たくさん英語を話せるようになるといいですね。

2014年3月

Super Reviewer No.12

崔 美恵ちゃん(埼玉県 蕨北町教室・K2(年中)コース)「幼稚園から英語を始める国もあるのに、日本はそうではないため遅れをとるんじゃないかと心配でしたが、ホームレビューがあるので助かっています。」
「発音もよくなってきたので、このままもっと英語に慣れていってほしいです」(お母様談)

お父様が「あの東進? じゃあ、安心だね」と言ったこともきっかけとなり、東進こども英語塾に通うようになったという崔 美恵ちゃんが、今月のスーパーレビューアーです。美恵ちゃん一家はお父様のお仕事の都合で中国から日本に来ています。そのため、家の中では、中国語、日本語、そして美恵ちゃんが話す英語と、3ヵ国語が話されています。
「実は美恵は、将来いとこと一緒にアメリカに留学したいと思っています。そのいとこは中国に住んでいますが、中国では幼稚園から英語を学び始めます。日本はそうではないので、遅れをとるんじゃないかと心配していました。でも、東進に通うようになってホームレビューがあるので、助かっています。ホームレビューのおかげで、毎日英語に触れられるので…」とお母様が話してくださいました。「だから英語、がんばろうね」というお母様の言葉に「うん!」と美恵ちゃんが元気よく答えてくれました。

「テレビを見ている時、ちょっとだけだけど英語が分かると嬉しくて、英語がもっと好きになるの!」/「英語、がんばろうね」というお母様の言葉に「うん!」と美恵ちゃんが元気よく答えてくれました。

美恵ちゃんは、テレビや映画を見ている時に、シンプルな英語が分かると嬉しくて、英語がますます楽しくなると話してくれました。最初はお母様と一緒にホームレビューを見ていましたが、最近では「今週のカイウは何だろう?」と楽しみにしていて、一人でも見るようになったそうです。英語が口から出てくるようになり、発音もよくなってきたので、「このままもっと英語に慣れていってほしいです」とお母様が話してくださいました。
美恵ちゃん、将来いとこさんと一緒に行くアメリカ留学、今から楽しみですね。応援しています!

2014年2月

一般的にある程度精通するために1,000時間が必要と言われており、週1回のレッスンで実現するには25年もかかります。東進こども英語塾は、レッスンとホームレビューにより、2.5年で1,000時間の英語に触れていきます。

日々の生活の中でちょっとした「すきま時間」を有効活用することをオススメしています。朝ごはんの前に聞き流しを15分、幼稚園・小学校から帰ってきたら15分、お風呂の後に30分など、毎日の生活の中でホームレビューを行い、自然に習慣化させていきます。

  • 東進の1週間
  • 1日の流れ

こどもは親の好きなもの・楽しいものに興味を示します。また一緒にホームレビューをすることで、お子様の吸収力も一段とアップしますので、お子様一人でなく、出来るかぎり、お子様とご一緒の時間をホームレビューをしていただけきたいと考えております。

お子さまと接するうえでのポイントは、まず「ほめること」。
「Good Job!」や「●●がわかるんだ、すごいね!」と具体的にほめてあげましょう。 また、英語で分からないことがあっても大丈夫です。「今度先生にきいてみようね」と接してください。そして私ども 相談ください。しっかりと対応いたします。

準備は簡単。インターネットにつながるパソコンがあればOKです。
[⇒]推奨環境はこちら

パソコンに詳しくなくても大丈夫です。困った時はヘルプデスク
にご相談ください。