新学年も半年が過ぎ、来年度に向けて英語を始めてみようと考えているご家庭も、多いのではないでしょうか。最近は、子どもの英語教育事情も大きく変わってきています。ここでは、多くの英語教室が提供している「無料体験レッスン」の受け方について、知っておきたい3つのポイントをご紹介します。


本当にいま
英語を始めるべきなの?

2018年より、小3から「外国語活動」が必修化!
日本の英語教育が、大きく変わり始めています!

情報革命やAIの技術が進歩する中、子どもたちに求められる力も大きく変わり始めています。英語教育も例外ではありません。2020年までに小学5・6年生は「英語」として教科化、小学3・4年生は「外国語活動」として必修化。「読む・聴く・話す・書く」の4技能が求められるようになります。


子どもの英語学習法で
大切なことは?

確実に英語力を身につけるためには、
「時期」「方法」「量」が重要なカギです!

時期

脳が発達中の段階のメリットを活かす
小学生までの年齢は、論理的な意味づけなしに、直接吸収する能力が高いのが特徴です。そのため子どもは、大人(中学生以上)が得意な体系的な学習よりも、目と耳で感覚的に言葉を吸収することが得意です。

方法

 

日本語に訳さずに英語のまま習得する
英語と日本語を対訳しながら覚えるのでは、言葉のニュアンスを習得することはできません。英語を英語のまま学び、言葉を感覚的に理解することが、豊かな英語力の習得につながります。

毎日英語をたくさん浴びる
英語は量が勝負です。が、子どもに無理強いをするのは禁物です。母国語と同じように、自然な英語にたくさん触れることで「英語が楽しい」「もっと英語を学びたい」と自然に思うようになることが大切です。


体験レッスンでは
何を見ればいいの?

「うちの子は楽しめる?」「ちゃんと学べる?」
パンフレットではわからない部分まで、肌で体感してください!

1

どんな教材を使っている?
たとえば、映像(動画)を使ったレッスンでは、英語と日本語を対訳することなく、状況を具体的に理解しながら吸収できるので、言葉をイメージで捉えることができます。テキストや音声だけでは、英語を日本語訳と一緒に覚えるだけになってしまうので、注意が必要です。

2

 

お子様と英語の相性は?
最初から元気に発話する子、すぐには発話をしない子、さまざまですが、心配は不要です。英語が苦手な大人が外国人の前で黙り込んでしまうのに比べれば、子どもたちははるかに順応性が高いはずです。大切なのは、お子様が体験レッスンを「楽しかった」と感じたかどうか。「楽しかった」と感じたときが、始めどきです。

3

どんな先生かしら?
先生の英語力はもちろんですが、我が子を預けるにあたって信頼できる人物かどうか、直接お話してみましょう。子どもたちのことを第一に考える信念があり、生徒たちを「英語大好き!」にしてしまう情熱がある先生なら、安心して決めることができますね。

無料体験レッスンって
何をするの?

約30分で、東進こども英語塾の
「いいとこ取り」ができるレッスン内容!

1

セサミストリートの映像教材は必見!
実際のレッスンの流れを体験していただけるよう、約30分で「いいとこ取り」をできるのが、無料体験レッスンです。映像教材はどのように使われるのでしょうか。先生の合図でオールイングリッシュに切り替わったら、レッスンのスタートです!

2

 

目的に合わせて2種類のタイプから選べます
英語は初めてだから、まずは1人で試してみたいという方は、マンツーマンタイプで。実際のクラスに入ってみたいという方は、グループ参加タイプへどうぞ。

3

お子様のレベルに合わせたコースをご案内します
年少はK1コース、年中はK2コース、年長はK3コース、小学生はP1コースにご案内しています(小学生のフォニックス経験者の方は、P2コース以上についてお問い合わせください)。

東進こども英語塾の
レッスンについて

レッスン時間
Kコース(幼児)50分/Pコース(小学生)60分
月謝(税込)

 

スタンダード(月4回)8,640円

プレミアム(月8回)16,200円
入学金(税込)
8,640円
教育費(税込)
5,400円〜10,800円(コースによって異なります)
レッスン
  スケジュール
各教室にお問い合わせください。

どこに教室が
あるの?

関東地方

その他

まずは体験!
東進こども英語塾のレッスンを体験してみませんか?

無料体験レッスンに申し込む