SESAME STREET ENGLISH ™

0120-104-219 受付時・Eヤ 10:00-18:00(日・祝除く)

生徒・保護者の声 保護者の声

Voice31「ロサンゼルスにいた頃毎日のように見ていたPBS番組。『東進こども英語塾』ならホームレビューで見放題と聞き、入会を決めました!」

東進こども英語塾を選んだ理由

イメージ画像

私たち家族は、3年間ロサンゼルスに住んでいました。当時、長男が通っていた幼稚園の子ども達は、もちろんネイティブばかり。日本語が通じないため、言いたいことが言えずに困っていた長男に対し、私は、「トイレに行きたいというときは“May I go to the restroom?”と言うのよ!」と伝えてから送り出す毎日でした。「英語が話せたらこんな思いはさせなくてもいいのに…」とその頃から強く感じていました。

帰国してしばらく経ったある日、ポストに『東進こども英語塾』の案内が入っていました。私は、迷いました。「英語を習わせるならネイティブの先生がいいけれど、こどもの様子や想いをきちんと理解してくれるのは日本人の先生だし、どうしたらよいのだろう」と。

そんなある日、『東進こども英語塾』の案内を配っている先生に出会いました。先生と直接話をして、とても優しそうな先生に惹かれ、「まずは体験レッスンを受けてみよう。ダメならダメで、また違うところを探そう」という気持ちで受講しました。いざ体験してみて『東進こども英語塾』のプログラムに驚かされました。レッスン中に使用する映像にはネイティブの先生が登場します。そのためネイティブの発音をたくさん聞くことができます。また、日本人の先生は、楽しいレッスンはもちろん、初めて教室に来たこどもたちに対して、とても丁寧な対応をしてくださったのです。モヤモヤと悩んでいたのが嘘だったかのように安心できたのです。

また、ロサンゼルスにいた頃毎日のように見ていたPBS番組を、ホームレビュー()で見放題というのも素晴らしいプログラムだと思いました。週1〜2回のレッスンだけでは、言語は身につかないだろうし、こうして楽しみながら本場の英語をインプットしていくことのできる環境を整えられることに感動しました。ここなら安心して預けられる!と思い、入会することを決めました。

ホームレビュー
レッスンで見た映像やアメリカのこども向け人気教育番組をご家庭でも繰り返し楽しめる、東進独自のシステムです。毎日の生活の中で英語に触れられる環境を創り出します。

東進こども英語塾で間違いなかったなと納得していること

小学校3年の長男は、初見の英語を読めるようになってきました。フォニックス()を学んでいるお陰だと実感しますね。先日、小学校でこんなことがあったそうです。授業中、ローマ字を習っていた時に、「K」なら「ケー」、「A」なら「エー」とみんな発音していました。先生が「K」と「A」を並べて「KA」とみんなに見せた時、息子以外は「KA」を「カ」とは読めなかったそうです。なぜ「ケー」と「エー」を合わせると「カ」という音になるのか、フォニックスを学んでいないため分からなかったのです。でも息子は、フォニックスを学んでいたので、「KA」を「カ」と読めたのです。

一方、ほとんど英語に触れることなく帰国してしまった次男が、実は家族の中で誰よりも発音がきれいなのです。なぜならば、長男より早い幼稚園の年中から『東進こども英語塾』で英語学習をスタートしたからです。毎日のホームレビューと先生の素晴らしいレッスンのお陰です!

フォニックス
文字と音の関係性を学ぶことによって読み書きの基礎を作るメソッドです。アルファベットの音を学んだらそれぞれの音を組み合わせることによって初めて見る単語でも読むことができるようになります。

こどもに歩んで欲しい人生

イメージ画像

日本の中だけで過ごしていては、世界の広さは分からないと思います。また、そのことを親や周囲の人から説明しても、分からないことの方が多いはずです。だからこそ、自分自身の目で見て、耳で聞いて、肌で感じて、その中で得たものを自分の人生に活かして欲しいのです。英語はそのための第一歩だと考えます。英語が話せれば、より多くの人とコミュニケーションがとれますから。
大人になってから英語を身に付けようとしても、「英語=勉強」になる可能性が高いはずです。そうなる前に、楽しく自然に、英語を身につけて欲しいと思います。

迷っている方へのメッセージ

『東進こども英語塾』に来る前は、「日本人の先生(の質)ってどうなんだろう?」と、思っていました。でも、東進こども英語塾の先生を見て安心しました。日本で育つこども達にとって、負担なく英語をスタートさせるためには、日本人の先生のサポートは不可欠だと思います。英語を習い始めても、こども達が楽しめず、英語嫌いになってしまったら、元も子もありません。

そして、「いつか英語を習わせよう」と思うのであれば、絶対に早い方がいいと思います。早ければ早いほど、吸収する量がぐんと増えるからです。始めるタイミングが1年違うだけで、その差は歴然です。まずは、気軽にレッスンとホームレビューを体験してみることをおすすめします。

縺セ縺壹ッ菴馴ィ難シ
譚ア騾イ縺薙←繧り恭隱槫。セ縺ョ繝ャ繝繧ケ繝ウ繧剃ス馴ィ薙@縺ヲ縺ソ縺セ縺帙s縺具シ

辟。譁吩ス馴ィ薙Ξ繝繧ケ繝ウ縺ォ逕ウ縺苓セシ繧