▼採点する

特徴このサイトの特徴

この採点システムは2018年度版です

  • あなたの解答を入力すると自動で採点が可能です。
  • 正解と配点を確認できます。
  • 採点ページで問題と解答がご覧になれます。
特徴使い方
  1. まず採点したい科目を選択します
  2. 選択した科目の中からマークをする科目を選びます
  3. あなたの解答の素点と総合配点が表示されます
  4. 合否判定システムに総合得点を入れて志望校の判定をします
傾斜配点とはセンター試験の配点パターンのひとつであり、各大学が特定科目の配点を高くしたり低くしたりすることです。
例を挙げると、中央大学の商学部センター試験利用入試単独方式では各科目の配点を以下のように設定しています。
3教科3~4科目(500点満点)
【国語】国語(150)
【外国語】英・独・仏・中・韓から1[リスニングを課す](150[30])
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(200)
《公民》現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択(200)
《数学》数IA・数IIB・簿記・情報から選択(200)
《理科》物基・化基・生基・地学基・物・化・生・地学から選択(200)
  ※理科は,「基礎2科目」または「発展1科目」から選択
●選択→地歴・公民・数学・理科から1(理科基礎は2科目で1科目とみなす)

ご覧のとおり選択科目の配点を通常の100点から2倍して200点にしており選択科目のなかに得意科目がある場合かなり有利となります。
このように大学、学部、学科により重視する科目は異なるので自分の得意、不得意を見極め慎重に検討することが大切です。

科目選択

地理歴史
公民
国語
外国語
理科
数学
センター試験の結果を合否判定システムに登録しよう!
合否判定システム
スマホでセンター試験の自己採点結果を入力すれば、何校でも判定が可能。
国公立大学・私立大学センター利用入試だけでなく、私立大学一般入試の判定を提示します。
詳細はこちら