TOSHIN TIMES on Web
>
TOSHIN TIMESバックナンバー
>
トピック
東進タイムズ 2012年11月1日号 16面

高2生必見!!センター試験本番高2の今スタートで、これだけの差が!

編集部が今春に行った「合格発表会場アンケート」では、受験勉強開始時期が合否に大きく関係していることがわかったが、実際の得点にどのくらい差がつくのかは判明していなかった。そこで今回、2012年度センター試験を受験した東進生の成績データを分析。受験勉強時期が、どの程度得点に影響を及ぼしているのかを調べたところ、驚きの結果が明らかになった。

全科目例外なし1高2の今のスタートで、センター試験本番高得点11

下の資料は、今年センター試験を受験した東進生を、受験勉強を始めた時期別にそれぞれの平均点を示したものである。これを見ると、高2の「10-12月」に開始したグループは、高2の「1-3月」に開始したグループと比較して、3教科合計で12.4点、高3スタートのグループとは22.1点も差がついていた。

さらに、科目別の分析をしてみよう。高2の「10-12月」に始めたグループの英語平均が164.3点、高2の「1-3月」スタートが158.6点、高3スタートが155.4点と、やはり早くスタートを切った方が得点が高くなっている」。これは全ての科目において同じ。つまり、受験勉強開始時期が早かったグループの方が、センター本番で高得点を取っていた。

また高3生向けページではセンター試験の得点率と合否の関係を示したが、難関国公立大や早慶を志望する場合、最低でも80%は得点できるようにしておきたい。そのためにも高2生諸君は、年が明けるのを待たずにぜひ今から受験勉強を始めて欲しい。

資料1
【データについて】
対象:以下の大学を受験した東進生。全国の国公立大、早稲田大・慶応義塾大・上智大・東京理科大・明治大・青山学院大・立教大・法政大・中央大・関西学院大・関西大・同志社大・立命館大。受験勉強開始時期は東進で受講を開始した時期とした。

最新ニュース

  • 2020/01/27

文部科学省 令和2年度国立大学の入学定員について公表

文部科学省は、令和2年度国立大学の入学定員(予定)についてウェブページに掲載した。それによると、全体では昨年度より107人減少し9万5,528人。分野別に見ると、教育が165人、医学・歯学が62人の減少となっているのに対し、理工は90人増加してい… →もっと読む

  • 2020/01/27

国公立大学 出願受付を開始

国公立大学では、今日から2次試験の出願受付を開始した。締め切りは2月5日(水)。出願方法は、大学により郵送あるいはインターネット利用となるので、確認が必要。東進のウェブページに掲載している「大学案内」は、全国の大学各学部の入試情報や… →もっと読む

  • 2020/01/27

大学入試センター 令和2年度センター試験の得点調整についての情報を発表

大学入試センターは24日(金)、令和2年度大学入試センター試験の得点調整は行わないと発表した。得点調整は、地理歴史、公民、理科の同一グループ科目間で20点以上の平均点差が生じ、それが試験問題の難易差に基づくものと認められる場合に行われ… →もっと読む

  • 2020/01/22

令和2年度大学入試センター試験(本試験)の平均点等一覧(中間集計)

大学入試センターは、令和2年度の大学入試センター試験(本試験)の受験者数・平均点・最高点・最低点・標準偏差(中間集計)を発表した。中間集計の対象となった受験者数は、全志願者557,699人中258,229人。さらに、1月24日(金)には得点調整の… →もっと読む

大学入試ニュース

大学ニュース

就職動向ニュース

教育ニュース

研究機関ニュース

高校ニュース

センター試験ニュース

バックナンバー

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
未来につながる答えが、ここにある。
高校生の悩み解決サイト
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
センター試験解答
世界で活躍するリーダーを目指す東進生諸君へ。
世界は、結構カンタンに近くなる。
毎月開催
高校生の皆さん、この問題が解けますか?