トップページ > 沿革

沿革

1971年 3月永瀬昭幸、自宅アパートで「ナガセ進学教室」をスタート。
1976年 3月東京都武蔵野市に「東京進学教室」開設。
1976年 5月「株式会社ナガセ」設立。
1978年12月東京進学教室を「東進スクール」に改称。
1985年 4月現役高校生のための「東進ハイスクール」を吉祥寺を本部校として創設。
1986年12月株式会社ナガセと株式会社ナガセ進学センターが合併。
1988年 4月東進ハイスクール吉祥寺校に高卒生のための大学受験本科を併設。
1988年12月株式を店頭公開。
1989年11月出版事業部を設立。
1991年 4月東進ハイスクール全校舎を対象にした衛星授業「サテライブ」を開始。
1992年 2月株式会社東進育英舎(当時育英舎教育研究所)をグループ会社化。
1992年 3月サテライブを配信する「東進衛星予備校」を開設し全国の塾・予備校を対象に
フランチャイズ展開。
1993年 9月東進衛星予備校の加盟校が開設1年半で全国で300校に到達。
1996年 4月「ナガセPCスクール」開設。衛星デジタル放送参入のため、郵政省より委託放送業務
認定証を交付される。
1997年 4月パーフェクTV!(現スカイパーフェクTV!)にて東進Dスクール本放送開始。
1998年 4月ロイタージャパンと提携し、「東進Dスクール英語コース」チャンネルで「Toshin English News」を放送開始。[2001年1月終了]
1999年 1月プレイステーション対応のエデュテイメントゲーム
「プレイで覚える英単語でるでる1700」を開発・発売。
1999年 8月PCスクールのパソコン講座とDスクールのTOEIC・英検対策講座などの社会人対象講座が、教育訓練給付制度講座として労働省より認定。(放送通信講座としては日本初)
2000年 2月米スタンフォード大学と提携し、新しい教育システムを開発するアイ・キャンパスを設立。(現在はナガセに合併)
2000年 3月ナガセPCスクール本部を分社化し、株式会社ナガセピーシースクール設立。
2004年 2月株式会社ナガセマネージメントを設立(グループ管理会社)。
2005年10月株式会社東進四国(当時進級スクール)をグループ会社化。
2006年10月株式会社四谷大塚をグループ会社化。
2007年 4月東進Dスクール本部をビジネススクール本部に改称。
2007年 7月大学生向けプログラム「東進ビジネススクール」開講。
2007年8月高2生・高1生の東進生を対象とした「第一回 中国清華大学短期留学」開始。
2007年11月永世國際有限公司(中国展開の拠点)を香港に設立。
2007年11月四谷大塚主催「全国統一小学生テスト」開始。(以降毎年実施)
2008年 1月株式会社イトマンスイミングスクール(当時 アイエスエス株式会社)をグループ会社化。
2008年 2月「四谷大塚NET」開講。
2008年 7月四谷大塚主催「全国統一小学生テスト」の成績優秀者を選抜した
「第1回IVY League視察団」開始。(以降毎年実施)
2009年 3月「東進ハイスクール中等部」「東進中学NET」開講。
2009年 6月NAGASE BROTHERS INTERNATIONAL PTE.LTD.
(アジア展開の拠点)をシンガポールに設立。
2009年 7月アメリカのセサミワークショップと「Sesame Street English」に関する
独占的グローバル・ライセンス契約締結。
2010年 9月東進主催「全国統一高校生テスト」開始。(以降毎年実施)
2010年 9月ソースネクストと「超字幕®」シリーズの著作権譲渡、業務提携。
2010年10月3歳から12歳対象の「東進こども英語塾」開講。
2011年 3月アメリカEleutian社と提携し、オンラインでアメリカ在住の講師と双方向トレーニングを
可能な「USA スカイプ英会話講座」を開講。
2011年 8月NAGASE BROTHERS USA,INC.をニューヨークに設立。
2011年 9月「優れた若手研究者のサポート」を目的として設立された「フロンティアサロン」を支援、
人類の未来への貢献に繋がる研究に取り組む研究者に贈る「永瀬賞」を創設。
2011年11月永瀬商貿(上海)有限公司(中国展開の拠点)を上海に設立。
2013年 7月「学生の起業プラン」を募集。
総額3億円を基金として準備し、若者の起業を支援。
2013年11月東進主催「全国統一中学生テスト」開始。(以降毎年実施)
2014年 8月「英語教育改革先取り対応セミナー」開催。
全国の中学・高校の先生方約2,000名が参加。
2014年 9月「米国大学留学支援制度」発足。
全国統一高校生テストで選抜し、1人あたり最大2,000万円(年間総額 2.4億円)の留学支援の募集を開始。
2014年 12月株式会社早稲田塾をグループ会社化。
2015年 8月「大学入試改革先取りセミナー」開催。
2016年 5月日本初のオリンピック仕様公認競技用プール「AQIT(アキット)」完成。
(イトマン・スイミングスクール)
2016年 8月「教育改革先取りセミナー」開催。
全国2000高校、約5000名の先生方が参加。
※2017年4月現在
※当社沿革の内容についてウィキペディア(Wikipedia)への転載を認めています。

コンテンツ

  • ナガセグループ
  • 株式会社ナガセ 新卒採用

ナガセグループ

  • 東進ハイスクール
  • 東進衛星予備校
  • 東進中学NET
  • 東大特進コース
  • 東進ビジネススクール
  • 東進こども英語塾
  • 四谷大塚
  • イトマンスイミングスクール
  • 東進育英舎
  • 東進四国
  • 早稲田塾
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」ナガセの教育ネットワーク

  日本全国に展開するナガセの教育ネットワークは、「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」の育成に取り組んでいます。
  中学受験の「四谷大塚」、大学受験の「東進ハイスクール」「東進衛星予備校」は、革新的な教育コンテンツと熱誠指導により、抜群の合格実績をあげています。 2016年4月より東大特進コースを東進ハイスクールから独立させ「東進東大特進コース」とし、より強化を図っています。また、3才〜12才対象の「東進こども英語塾」、中学生対象の「東進中学NET」、大学生・社会人対象の「東進ビジネススクール」、2014年12月には、AO・推薦入試に力を発揮する大学受験塾「早稲田塾」が仲間入りするなど、幼・小・中・高・大・社会人の一貫した教育体系を構築。日本最大規模の民間教育機関となっています。また「イトマンスイミングスクール」では、2016年5月に日本初となるオリンピック仕様公認競技用プール「AQIT(アキット)」が完成。競泳界の公器として、その発展に大きく貢献することを目指します。
  学力だけではなく心知体のバランスのとれた「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」ためにナガセの教育ネットワークは、これからも進化を続けます。