大学入試センター試験



大問数・マーク数は昨年通り。設問数は漢文で1つ増えた。評論はやや随筆調のもの。小説は5年連続していた女流作家の作品ではなく、戦前(昭和15年)に発表された男性作家の作品が出題された。古文は過去にも頻繁に出題された中世小説。漢文は杜甫の文章が出題された。

大問数
減少 | 変化なし | 増加 
設問数
減少 | 変化なし | 増加(+1) 
マーク数
減少 | 変化なし | 増加 
難易度
易化 | やや易化 | 昨年並み | やや難化 | 難化 

大問数4題、各大問の配点50点。設問数は漢文で1つ増えたがマーク数は昨年通り。

第1問の評論は、「翻訳」の難しさについて、随想調に論じている文章で、昨年よりも分量が一割程度減り、一見して読みやすいものではあった。また、昨年のように図表に絡む設問は出題されていなかったが、問5で五人の生徒が話し合っている中で本文の趣旨と異なる発言を選ぶ問題が出題された。問6では()で「適当でないもの」、()で文章の構成に関して「適当なもの」を選ぶ問題が出題されたので、注意が必要である。

第2問の小説は、私小説作家の小説で読みやすい文章であった。昨年と比べて会話の量は同程度だが客観描写が多くなっている。設問の形式は例年通りで、病気の妻を気遣う主人公の内面をどう読み取るかが大きなポイントとなる。

第3問の古文は、過去にも頻繁に出題されてきた物語系作品。内容は難しくないが、例年(過去10年平均)に比べて2割ほど長く、また、狐が姫君に恋をするというおとぎ話的内容であるため、最後まで物語の展開を正しく理解して読み続けるには読解力と気力が必要。設問形式はほぼ従来どおりで紛らわしい選択肢も少ないが、例年頻繁に出題されてきた和歌に関わる設問は本年も出題されており、これがやや難しい。問6は、物語系作品で問われやすい「内容に関する説明(内容合致)問題」ではなく、登場人物の関係と主人公の描かれ方を問う問題であった。

第4問の漢文は、著名な詩人杜甫の、叔母の死を悼む文章が出題された。2010年度に設問中に杜甫の詩が出たことはあるが、文中に詩は出題されなかった。設問形式は語の意味、内容説明、理由説明、昨年度同様書き下し文と解釈の組み合わせと、例年と大きな傾向の変化はない。設問数が6から7になったが、マーク数が8であることに変わりはない。

国語全体としては易化。


年度 大問 出題分野 設問数 マーク数 配点
2019 第1問 評論:沼野充義『翻訳をめぐる七つの非実践的な断章』 6 11 50
第2問 小説:上林暁「花の精」(『星を撒いた街』) 6 9 50
第3問 古文:『玉水物語』 6 8 50
第4問 漢文:『杜詩詳註』 7 8 50
2018 第1問 評論:有元典文・岡部大介『デザインド・リアリティ−集合的達成の心理学』 6 11 50
第2問 小説:井上荒野「キュウリいろいろ」 6 9 50
第3問 古文:本居宣長『石上私淑言』 6 8 50
第4問 漢文:李『続資治通鑑長編』 6 8 50
2017 第1問 評論:小林傳司「科学コミュニケーション」 6 11 50
第2問 小説:野上弥生子「秋の一日」 6 9 50
第3問 古文:『木草物語』 6 8 50
第4問 漢文:新井白石『白石先生遺文』 6 8 50
2016 第1問 評論: 土井隆義『キャラ化する/される子どもたち』 6 11 50
第2問 小説:佐多稲子『三等車』 6 9 50
第3問 古文:『今昔物語集』 6 8 50
第4問 漢文:盧文弨『抱経堂文集』 7 8 50
2015 第1問 評論:佐々木敦『未知との遭遇』 6 11 50
第2問 小説:小池昌代『石を愛でる人』 6 9 50
第3問 古文:『夢の通ひ路物語』 6 8 50
第4問 漢文:程敏政「篁墩文集」 7 9 50

過去の平均点の推移

2018 2017 2016 2015 2014
104.68点 106.96点 129.39点 119.22点 98.67点
国語