トップページ > ごあいさつ

会社情報

教育を通じて、日本を再興する。

  私たちは、AI、IoT、ロボット、遺伝子工学などのテクノロジーが社会構造や人間の生き方・働き方を根本的に変えてしまうかもしれない新しい時代に突入しています。世界では、GAFAを代表とする巨大IT企業が、テクノロジーとビッグデータを活用して世界経済に大きな影響を与え、国家や業界の垣根を越えた企業間競争が急速に激しさを増しています。一方、日本においては、少子高齢化や人口減少などの多くの難題に加え、来るAI時代に必要なAI人財の育成も後手に回り、解決すべき課題が山積しています。
  変わりゆく社会において、私たち人間に求められる資質・能力は、変容し、一層高度化していきます。特に、日本の再興のためには、国民一人ひとりが志・目標を持ち、生涯を通じて学び、成長しながら、生産性と付加価値を高め続けることが必要不可欠です。また、AIなどの先進技術を活用して世の中にない全く新しい商品・サービスを創造できる人財、そして多様な人々と協働しながらチームで課題解決にアプローチできる人財の育成は国家の最重要テーマです。
  このような時代において、教育が果たすべき役割と責任はこれまで以上に大きく、公教育、民間教育、共に変革が求められています。特に、イノベーションを牽引する民間教育の果たすべき役割と責任はますます大きくなっていきます。
  ナガセには、民間教育のリーディングカンパニーとして、業界・世界に先駆けた革新的サービスを生み出し続け、日本の再興、そして世界の発展に貢献できる人財を数多く世の中に輩出していく責任があります。これまでも「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」を企業理念に、生徒諸君の人間力の育成に力を入れてきました。受験勉強やスイミングなどの学習プロセスの中で、結果を出すまで粘り強く努力してやりきる、友人や仲間を巻き込みチームワークで難題を突破する、そのような成功体験を通じて、「努力すれば必ず成功できる」という強い自己肯定感と行動力のある「一騎当千」の人財を育成していきます。
  一方、教育コンテンツにおいては、AI技術を活用した先進的なコンテンツを開発、リリースしており、今後もテクノロジーを活用した教育の技術革新を推進し、業界をリードする革新的なコンテンツやサービスを次々と生み出すことで、生徒一人ひとりの大巾な学力向上の実現を目指します。また、時代のニーズに応える真のAIリーダーを育成し、世界に輩出する新たな取り組みをスタートします。そして、文部科学省や学校の先生方、産業界とも連携しながら、日本全体の教育力の向上を実現すべく、これからも未来を見据えたダイナミックな仕組みづくりに積極的に挑戦していきます。
  これから教育が世の中にとってますます必要とされる時代に入ります。私たちナガセは、社員、スタッフ一人ひとりが、日本一の教育ネットワークを有するリーディングカンパニーの一員としての誇りと使命感を持ち、変化の激しい時代を大いなるチャンスと捉え、組織一体となって絶え間ない挑戦と進化を続けていきます。
代表取締役社長 永瀬昭幸

コンテンツ

  • 株式会社ナガセ 新卒採用

ナガセグループ

  • 東進ハイスクール
  • 東進衛星予備校
  • 東進中学NET
  • 東大特進コース
  • 東進ビジネススクール
  • 東進こども英語塾
  • 四谷大塚
  • イトマンスイミングスクール
  • 東進育英舎
  • 東進四国
  • 早稲田塾
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」ナガセの教育ネットワーク

  日本全国に展開するナガセの教育ネットワークは、「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」の育成に取り組んでいます。
  中学受験の「四谷大塚」、大学受験の「東進ハイスクール」「東進衛星予備校」「早稲田塾」は、革新的な教育コンテンツと熱誠指導により、抜群の合格実績をあげています。
  2020年度教育改革に向け、東進では従来の大学受験指導に加え、新たに必須となる発信力や創造力を総合的に鍛える指導の強化に取り組んでいます。
  さらに、3才〜12才対象の「東進こども英語塾」、中学生対象の「東進中学NET」、大学生・社会人対象の「東進ビジネススクール」など、幼・小・中・高・大・社会人の一貫した教育体系を構築。日本最大規模の民間教育機関となっています。また「イトマンスイミングスクール」は、日本初のオリンピック仕様公認競技用プール「AQIT(アキット)」を活用し、日本競泳界の飛躍的な発展に貢献することを目指します。学力だけではなく心知体のバランスのとれた「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」ためにナガセの教育ネットワークは、これからも進化を続けます。