2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1440人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
看護医療学部

no image

写真

村上晴香さん

東進ハイスクール青葉台校

出身校: 桜美林高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: チアリーディング部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

東進模試の悔しさがその後の勉強につながった

 高2の3月頃、周りがみんなが塾に行き始めたのをきっかけに東進に入りました。東進に入ったものの、勉強しなきゃと思いながらも、大会直前だったこともあり部活のことばかり考えていました。それでも担任と相談しながら週1,2回は東進に来て授業を受けていました。

大会を終え、4月になった頃からは毎日こつこつと勉強を始めました。5月に引退してからは、生物の受講を6月の東進模試までに終わるように毎日授業を受けました。

そうしてむかえた6月の東進模試でしたが、思うような結果は出ませんでした。校舎に模試の各科目の点数が高得点者順に張り出され、とても悔しい気持ちになりました。今思えば、そのときの悔しさがその後の勉強につながったように思います。

夏休みは毎日毎日、勉強のことだけを考えて過ごしました。夏休みの中盤からは、センター過去問を解き始め自分が目標とする点数をとれることも増えていきました。もちろん勉強が嫌になるときもあったけど、前回の模試の悔しかった気持ちを思い出してみたり、自分が夢を叶えている姿を想像したりして乗り越えました。そうしてむかえた8月の東進模試でしたが、また自分の目標とする点数が出せず、悔しくなったりやってきたことが間違っていたのかと不安になったりもしました。

それでも信じてこつこつと勉強し、秋ごろの模試では段々と点数が取れるようになりました。その頃からは、一般試験の過去問と今まで覚えたことの復習を毎日やりました。それを12月ごろまで繰り返して、センター試験直前は特に苦手だった数学を重点的に勉強しました。そして、センター試験では納得する点数をれたこともあり、その後はスムーズに一般試験の勉強に入れました。一般試験当日では、今までやってきた過去問と問題形式が変わっていたりなどで、慌てたり不安になったりもしました。でも今までこつこつ勉強してきたことを思いだして、あとは出し切るだけ!という気持ちで挑みました。

受験期には苦しいことがたくさんありました。友達と帰り道に声を上げて泣いたことだってあるし、紙をびりびりに破り捨てたりしたことだってありました。でもそんな気持ちを乗り越えて最後まであきらめずに頑張りきれたことは自分の自信になりました。そして、お世話になった人たちにいい報告ができてとうれしい気持ちでいっぱいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

それぞれの受験する大学に必要な勉強を教わりました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私が行きたい大学に通っていたので、どんな勉強をしたらいいのかとかを教えてもらいました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

復習が重要だと思います。特にできなかったところを重点的にすぐに復習することが大切だと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

映像だけど授業がわかりやすかったから。
担任との距離が近く、質問だけでなく進路について相談もできると思ったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

高速マスター講座の数も、東進に来た日数も負けたくないという気持ちで取り組みました。
週に一回集まってたくさん話していました。ここでストレス発散してました!

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター講座
英単語はこれでひたすらやりました。空き時間にこつこつとやっていました。ご飯ができるのを待つ間とか!

過去問演習講座
解けば解くほど力になります。センター直前はセンター過去問演習講座を使って毎日解いていました。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード生物 Part1 】
合格できたのはこれのおかげだとおもっています。授業がおもしろくて分かりやすいです。これを完璧にすればセンター8割はとれます。理解もすれば9割だって取れます。

【 スタンダード生物 Part2 】
同上

 慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 32

友達にシェアする