2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1441人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

一橋大学
社会学部

no image

写真

興野泰征くん

東進ハイスクール武蔵境校

出身校: 武蔵高等学校(都立)

東進入学時期: 高1・2月

この体験記の関連キーワード

自分と向き合うことの大切さ

 僕が東進に入学したのは高校1年生の冬でした。当時部活をやめた直後で部活をやらないかわりに勉強を頑張ろうと思い立ったことをきっかけに入りました。

一番初めに受講したのは英語の今井先生の『今井宏のC組・英語基礎力完成教室』で、その授業が非常に面白かったため受講するのが楽しみな毎日でした。その他の先生方による授業もどれも面白いものばかりでした。受験期になると受講のコマ数が減ってその分演習の時間が増えたので苦しい時もありましたが、自分でペースを調整して地道に勉強を続けました。周りの人よりも早い時期から地味にコツコツやっていたことが第一志望校合格に繋がったように感じます。

実際に第一志望校の合格発表で自分の番号を見つけた時には、第二志望以下で感じることのなかった特別な感情を抱きました。

僕が受験を経験してもっとも強く感じたのは志望校を決定する時にしっかりと調べ、また自分と向き合うことの大切さです。自分は将来やりたいことなどは明確にイメージしていなかったためあまり勉強をする気になれない時期にはサボりがちになりましたが、周りのずっと努力を続けていた人たちを見るとやはりその人たちははっきりしたビジョンをもって勉強していました。僕もやる気になれなかったので気持ちはわかりますが、受験するにあたりまず気合を入れるべきはこの部分だと思います。勉強面でのアドバイスとしては英語と数学を早い時期に得意科目にすることと、自分に何が足りないかを分析してそこを補うには何をするべきかを考え実行する癖をつけておくことをオススメします。後者は東進のコンテンツのみに拘ることなく市販の参考書なども含めて両立できる範囲で幅広く検討するのが良いと感じました。とにかく自分の行きたい学校に行けるというのが一番良いので後輩に皆さんも頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

志望大学に通っている担任だったため具体的な体験談が参考になった。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

親身になって相談に乗ってくれた。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

早い時期から受験してセンター試験の形式に慣れる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

No

Q
東進を知ったきっかけ
A.

テレビCM

Q
東進を選んだ理由
A.

通いやすかった

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

少なくとも週に一度は登校することになるためモチベーションの維持につなげられた。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣
分かりやすく面白い授業をしてくれる先生が多かったから。

過去問演習講座
数学が苦手だったため志望校の過去問演習で解説授業が受けられたのが非常に良かったから。

公開授業
人気の先生の話を生で聞けるのは面白かったしやる気にもつながったから。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
英語の基礎を楽しく学べたため。

【 過去問演習講座 センター対策 】
大問別で演習できるため弱点の補強がしやすかったから。

 一橋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒