2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1440人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

山形県立保健医療大学
保健医療学部

no image

写真

岩本未弥さん

東進ハイスクール静岡校

出身校: 清水東高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 吹奏楽部 パートリーダー

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

最後まであきらめないこと

 私が東進へ入学したのは、高校一年生の春でした。高校の勉強を甘く見ていた私は、部活に打ち込むあまり、学校や東進の勉強をおろそかにしていました。中学生の頃には考えられないような成績を取るようになっていき、気がつくと高校三年生を迎えていました。受験を意識し始めたのが遅かったことを後悔しています。三年生になると誰もが勉強し始めるので、最初の二年間を大切にするべきでした。後悔してもしかたがないと思うようになり、そこからは勉強を第一優先に考える生活をしていきました。効率の良い勉強ができれば一番良いのですが、効率が悪くても時間をかければ解決することもある、と先輩からアドバイスをもらったので、夏休みは1日13時間を目標に勉強していました。夏休み明けからは主に理社に時間をかけていきました。模試では夏休みの成果が10月以降から出てきましたが、センター本番では思うような点数が出ず、志望を下げましたが国公立に進学することが決まったので、最後まで諦めないことが大切だと実感しました。

家や学校では誘惑が多いので、受験を意識した東進生がいる東進で勉強することで意識がより高まると思いました。また、同じ夢を持つ子と一緒のグループ・ミーティングだったので、知らない情報を得ることもできました。

合格した大学へ進学してこれまで以上に勉学に励み、小児看護の分野で地域に貢献し、心のケアができる看護師を目指していきたいと考えています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自分に合った学習法や大学を一緒に探していただいたことです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

歳が近く、受験を終えたばかりの方なので、気軽に相談できました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

有名大本番レベル記述模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

記述の採点をしてもらう機会が少ないので、自分の回答がどのくらいの点数を取れているかを確認できました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

その他

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

家族のすすめ

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで受講できるため。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じグループの子の進み具合がわかるので、自分もやらないと、という気持ちになることができました。また、時間が余ったらおしゃべりをしていたので、勉強の息抜きになりました。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
センター本番レベルの模試が受けられるので、自分の学力がどれくらいかを知る指標になり、どの分野を勉強していけばよいかを知ることができました。

高速マスター講座
英語が苦手で、単語も中学生レベルだったのですが、高速マスター講座のおかげで単語力がつきました。また、期間を設定して勉強していくと良いと思いました。

公開授業
受講している先生の授業を実際に受けることができるので、勉強に対するモチベーションをあげることができました。

Q
おすすめ講座
A.

【 看護・医療系小論文 】
看護学科は小論文か面接がどの大学でも大体あり、医療系の知識を問われることが多く、その際に役に立ったからです。

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
一つずつ丁寧に教えていただけるので、全く英語ができなくても理解することができたからです。今井先生の雑談もためになります。

【 過去問演習講座 センター対策 】
センターの過去問を解いて、出題傾向を把握し、似たような問題にも対応していくことができたからです。

 山形県立保健医療大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 0

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒