2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1442人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
人間科学部

no image

写真

平本匠くん

東進ハイスクール小手指校

出身校: 川越東高等学校

東進入学時期: 高1・3月

所属クラブ: ソフトテニス

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

自己分析と過去問分析

 僕が実際に受験を体験して後輩たちに伝えたいと思った事は英語が一番大切だという事です。僕は1年生の春休みに東進ハイスクールに入学した時はセンター試験の英語で4割しか取れていないところからのスタートでした。また、入学と同時に志望校を早稲田大学に定めました。入学前は数学が好きだったので数学ばかりを勉強していたのですが、入学を機に苦手で嫌いだったので逃げていた英語に向き合う決心がつきました。そこから2年生の間はすべての勉強時間を英語に充てました。その結果センター試験同日体験受験で目標としていた160点を達成することができました。

英語ばかりを勉強していたといっても実際何をやっていたかというと、主に通学時間を利用しての高速マスター講座と東進の授業の予習復習です。この2つをベースに1年間まるまる英語にしっかり向き合えたことがセンター試験英語4割から早稲田大学に合格できた1番の要因だなと思います。
実際英語はセンター試験の配点も200点と大きく、一般入試においてもほとんどの学校学部学科で英語の配点が一番大きいので、英語を勉強して得意科目にしておくことは配点の面からも大事だと思います。

また、受験勉強において重要なことは自己分析と過去問分析だと思います。
なぜ自己分析が重要かというと、しっかりと自己分析することで自分の得意不得意を細かく把握することができ、どのくらいの時間をどの分野に割くのかを把握できるので、無駄なく効率よく勉強ができるからです。僕の場合は国語は得意だったのであまり時間はかけず、苦手の英語(特に単語)に多く時間をかけました。
過去問分析がなぜ重要かというと、自己分析と同じく無駄なく効率よく勉強ができるからです。僕の場合は早稲田大学を目指していたので、早稲田大学の分析を中心にしました。その結果、英語は長文問題が他大学と比較して多く、文法問題が少ないことがわかりました。国語は、学部によって選択肢の作り方の特徴が掴めました。日本史は一問一答よりも資料集が向いていることがわかったので、周りの人たちが一問一答を使っている中僕は最後まで資料集を使い込みました。

最後に結局一番大事なのは気持ちです。僕は仲のいい友達のたちのなかで一番勉強してきた自信があったのでいつもどうりやれば絶対合格できるという強い気持ちを持って、入試に取り組んだ結果実際に合格することができました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

学習計画の相談に乗ってもらい、納得のいく計画がたてられ、自信をもって、勉強することができた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

丁寧に質問対応をしてもらった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験同日体験受験

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

実際のセンター試験の問題をしっかりとした雰囲気のなかで解くことができ、これからの学習の指標にもなるから。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

DM

Q
東進を選んだ理由
A.

部活動が忙しかったので自分の都合に合わせられる映像での授業がいいなと思った。
東大合格者一位というキャッチフレーズに惹かれた。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

絶望的なまとまりのなさ

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
単語や熟語に対して手軽に取り組めるから。

部活生カリキュラム
忙しい部活生でも文武両道がしやすいから。

担任指導
不安になった時気軽に相談でき、落ち着いて勉強できるから。

Q
おすすめ講座
A.

【 𠮷野敬介の早大古文スペシャル 】
楽しく授業が展開されるので、学習意欲がわくから。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

友達にシェアする

吉野敬介先生

吉野敬介の早大古文スペシャル

東進ハイスクール発大隈講堂経由早稲田大学行き。途中吉野の早大古文スペシャルに停車します

≪じっくり煮込んで解こう編…平安~江戸の作品プラス漢文も≫≪現古融合六連発編≫≪速読速解…なんか自分では読まない・読めそうもない文章≫の三部構成で授業を進める。早大合格の決め手になる読解法・解答法を伝授⇒①全体の大意・流れをつかむ②人物関係(特に主語)つねに誰のセリフか・誰の心中か・誰が何をしているのかを押さえる③省略された主語・目的語をさがす。①②③を徹底的に強化することにより⇒正確な現代語訳(直訳→意訳)・文中に根拠ありの前後策・同じ表現を見抜く⇒速読速解につなげていく。デザートに≪一発必中盲点強化合宿-早大編≫⇒文法・ハイレベル単語問題・解釈・前後関係・敬語・和歌修辞・常識⇒すべて早稲田の過去問を徹底分析。驚異の158ページ148問。すべて解答法・解答付き⇒あの八年連続的中させた伝説の超人気講座が今、東進で復活!!

90分×10回+講座修了判定テスト1回

対象:早稲田・早稲田・早稲田・早稲田・早稲田何がなんでも早稲田という生徒対象