2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1442人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

明治大学
政治経済学部

no image

写真

安本開くん

東進ハイスクール志木校

出身校: 朝霞高等学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: 帰宅部

この体験記の関連キーワード

”当たり前のことを当たり前にする”を意識した受験時代

 私が東進に入学したきっかけは、高校2年の4月に、友達がもう受験勉強を始めており、「そろそろ自分も勉強を始めなければ」と思い入学したことがきっかけです。最初はただ東進に通いダラダラ勉強していただけですが、高校2年の9月の三者面談で、校舎長から「このままだと、第3、4志望の大学だ」と厳しい言葉をいただき、その面談以来本気で受験勉強に取り組むことができました。

東進では、2ヶ月に一回の”センター試験本番レベル模試”という模試があります。これを読んでいる皆さんには、ぜひこの模試をフル活用してほしいと思います。大切なことは、何点とったのかとれなかったのかということではなく、自分の弱点を発見し、それを克服するための計画を立て、実行することです。ただ闇雲に勉強すれば良いというわけではありません。常に自分の弱い所と向き合うことが、成績を上げるために必要なことだと思います。その弱い所を指し示してくれるものが、この模試です。いつも自分の弱点を意識し、その弱点をどのように潰すかということを思考して下さい。

最後に、私が受験生時代、そして今も意識していることを話したいと思います。先ほど申し上げた”自分の弱点と向き合う”ことは、誰しもが簡単にできることではありません。それでも向き合わなくてはなりません。では、どうしたら向き合えるのか。そのためには、”当たり前のことを当たり前にする”ことが大事だと思います。当たり前のこととは、挨拶をする、学校にちゃんと行くなど、日常的な様々なことです。当たり前のことができてない人は、辛いときにどこかで逃げてしまい、逆にできている人は、辛くても踏ん張れる何かを持っていると思います。今、成績が伸び悩んでるなら普段の自分を見返してみてください。当たり前のことができているだけでも、さらに先へと進めるはずです。頑張って第一志望を掴み取ってください。応援しています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
自分の弱点を知り、定期的に計画・実行し、克服することができるため。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 センター対策 】


 明治大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

友達にシェアする