オックスフォード大学とは?

13世紀起源のケンブリッジ大学と並ぶイギリス最古の大学

オックスフォード大学

世界有数の名門大学の代名詞ともいえる大学。その起源は、1249年創設のカレッジ(学寮)からとされ、今も昔もあらゆる「知」の集まる場所として君臨する。卒業生である『不思議の国のアリス』の作者ルイス・キャロルは、絶滅して人々の記憶から忘れ去られていた幻の動物「ドードー」を作中に登場させたが、これは大学内の博物館でその絵画や骨格を目にしたことに由来するといわれている。「知」に囲まれた環境が、研究から創作に至るまで、人間の想像力と創造力を引き出すのである。


大学・大学生活の特徴

オックスフォード大学はケンブリッジ大学と同様にカレッジ(College)で構成され、学部・学科との両面から学生の教育にあたっている。なお、オックスフォード大学では海外からの留学生に対して優先的に学生寮への入寮を許可している。

設置学部

人文学、数学・物理科学・生命科学、医学、社会科学の「部門」(Divisions)のもとに、考古学人類学、生化学、コンピュータサイエンス、美術など数多くの学部学科などを設置

学生数

学部学生数:11,930名(留学生比率:20%)、大学院学生数:11,813名


この大学のおもな出身者

マーガレット・サッチャー(元イギリス首相)、トニー・ブレア(元イギリス首相)、デヴィッド・キャメロン(元イギリス首相)、ヒュー・グラント(俳優)、C.S.ルイス(作家)、J.R.R.トールキン(作家)、ティム・バーナーズ・リー(「WWW(World Wide Web)」考案者)、ウィリアム・ヘーグ(元イギリス筆頭国務大臣)、アウン・サン・スー・チー(ノーベル平和賞受賞者)、キング・フィリップ(ベルギー国王)、ハワード・ストリンガー(元SONY CEO)


提携・交流のあるおもな日本の大学

お茶の水女子大学、東京大学、東京工業大学、一橋大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、奈良女子大学、神戸大学、広島大学、青山学院大学、大妻女子大学、帝京大学、明治大学、早稲田大学、神戸女学院大学 ※部門・部局間なども含む