広告におけるデータ利用について

行動ターゲティング広告とは

行動ターゲティング広告とは、Webサイト利用者の閲覧データを一定期間、収集・分析することで、Webサイト利用者の興味・関心を推察し、それに合致した広告を表示させる広告機能になります。
ナガセグループは、Webサイト利用者がナガセグループサイトを閲覧した日時およびURL等の閲覧データを収集・分析し、行動ターゲティング広告を配信しています。
なお、収集日から2年間を経過した利用者の閲覧データは利用いたしません。

アクセスデータの収集方法

Webサイトの場合、利用者のブラウザを識別する技術である「クッキー」を利用しています。アプリの場合は、利用者の端末を識別するIDFA(iOS端末)または、AID(Android端末)という技術を使用しています。これらの識別子は、利用者が端末の設定画面からリセットすることが可能です。

クッキーを利用したアクセスデータの共有

ナガセグループサイトでは、広告配信事業者などのナガセグループ以外の事業者が独自に閲覧データを収集し、行動ターゲティング広告の配信などの目的に利用しています。
各事業者は、収集された閲覧データをさらに他の事業者に配信している場合があります。詳しくは当該事業者のポリシーをご確認ください。
ナガセグループサイトにおいて閲覧データを収集している事業者は、下のリンク先のページで確認することができます。
共有先による閲覧データの利用を停止につきましても、リンク先のページから事業者ごとに停止のお手続きいただきますようお願いいたします。

  1. 東進ドットコム
  2.  > 広告におけるデータ利用について