普段の親子関係は?

親子で歩んだ
志望校合格までの道のり

TOSHIN TIMES 2019年12月号より
※学年は取材当時のものです。

東進OG

Created with Lunacy

田所 美羽たどころ みうさんに聞きました

慶應義塾大学 文学部1年

好きな家メニュー

味噌汁

趣味

読書、勉強

休日の過ごし方

英会話スクール

Q1.

美羽さんが、東進に
入学したのはいつですか?

高1の夏休みです。先取学習ができるシステムがいいと思い、入学を決めました。

Q2.

高校時代は何か
部活をしていましたか?

ギター部でした。アコースティックギターで、弾き語りをしていました。

Q3.

文学部を志望した
きっかけは?

中学生で図書館学に興味を持ち、慶應義塾大学の文学部で学べることを知りました。高校に入り、哲学に興味を持ち、哲学が学べる大学を調べたところ、やはり慶應義塾大学の文学部で学べることが分かり、ずっと第一志望校でした。大学では、女性学やジェンダー論についてもっと学びたいと思っています。

Q4.

いつもお母さんが見守って
くれていたのですね

高3の11月に受験のプレッシャーで体調を崩してしまい、数日学校を休んだのですが、この時も見守ってくれました。

お母様

Created with Lunacy

田所 由香たどころ ゆかさんに聞きました

家庭の人気メニュー

ハンバーグ、唐揚げ、ポテトサラダ

週末の過ごし方

ご主人と一緒に、美羽さんの弟の
サッカーの試合を観戦

子育て座右の銘

健康で楽しく

Q1.

美羽さんが、東進に
入学したのはいつですか?

もともと勉強好きな子で、中学生の時から良く勉強していました。高校時代は、夜の10時くらいに東進から帰ってきて、深夜まで勉強していました。

Q2.

高校時代は何か
部活をしていましたか?

中学生の時から、一人でコンサートに行っていましたね。その一方で、読書や手芸など、家にいることも好きなので、興味のあることには積極的ですね。

Q3.

文学部を志望した
きっかけは?

家庭で哲学的な話をしたということは特にありません。二人でテレビのニュースを観ていて、「こんなことするなんて許せないね!」と盛り上がったりはしますが。

Q4.

いつもお母さんが見守って
くれていたのですね

お医者さんで受診して、精神的なものでしょうというので、「気にしてもしょうがない」と。家では、あえて触れないようにしました。

から母へ

私はネガティブなのですが、母は「なんとかなるわ」と考える明るいポジティブな人です。受験の時には精神的に支えてもらい、感謝しています。

から娘へ

赤ちゃんの頃は、エレベーターの中で知らない人と一緒になると寝たふりをするような人見知りな子でしたが、幼稚園ぐらいから活発になりました。勉強好きなのにも驚いています。