« 岸の化学をはじめからていねいに【理論化学編】 | メイン | 2018/12/28更新 お詫びと訂正 »

日本史〈記述式〉レベル別問題集A標準編





井之上勇 【著】

【出版社】東進ブックス
【ISBN】9784890858071
【定価】本体900円+税
【頁数】本冊(解答解説編)148頁+別冊(問題編)72頁
【判型】A5判
Amazon_logo.gif


message.gif

皆さんは,日本史の「記述式問題」にどのような印象を持っていますか。十分な知識がなくても選んだ解答がたまたま正解になり得る選択式問題と比べて,記述式問題は「不正確な記憶だと対応できない」と考えているかもしれません。事実,求められている用語や情報を記憶していなければ,記述式問題で得点できる可能性はきわめて低く,一般的に選択式問題よりも得点差が開きやすいといわれています。つまり,記述式問題の攻略が合否のカギを握るといえるのです。
続きはこちら>>


合格答案の書き方がマスターできる!!

大学入試でもっとも多く出題される,40〜100字の論述問題を中心に,記述・論述問題の実戦力を培います。


【本書の特長】
1.自分のレベルに合った記述・論述問題の演習ができる!
 各レベルに合わせて段階的に問題の難易度を上げているため,自分の現在の学力と目標レベルに応じた演習が可能です。レベルAは,記述式問題を得点源にしたい人に最適です。

2.あらゆるタイプの記述・論述問題に対応できる!
 あらゆるタイプの問題に対応できるよう,膨大な大学入試の中から典型的で頻出度の高い記述・論述問題を厳選。レベルAでは,受験生の苦手意識の強い分野を中心に,多様かつ複合的な時代・テーマの問題を扱います。

3.詳細な採点基準・添削例で「合格答案の書き方」がわかる!
 大学入試と同様の基準で自己採点できるよう,採点基準・添削例は実際の模試作題者が作成にあたりました。自分の答案に不安を抱くことなく,合格答案の書き方が身につきます。

『レベルA』はこんな人に最適!
□本格的な大学入試レベルの記述式問題に取り組みたい人
□基本的な「書く」力はあるものの,なかなか有名大の合格レベルに到達しない人
□40〜100字の実戦的な論述問題が解けるようになりたい人


【目次】
Part I 原始・古代
Chapter 01 弥生時代の集落
Chapter 02 ヤマト政権下の内政・外交
Chapter 03 古代の都城と地方社会
Chapter 04 奈良・平安時代の仏教・
Chapter 05 律令国家の変質

Part II 中世
Chapter 06 中世の法
Chapter 07 執権政治の展開と鎌倉時代の社会
Chapter 08 中世の政治と勘合貿易
Chapter 09 島津氏と中世〜近世初期の情勢

Part V 近世
Chapter 10 糸割符制度
Chapter 11 近世の琉球と対外関係
Chapter 12 幕藩体制と大名・
Chapter 13 江戸時代の貨幣制度
Chapter 14 内憂外患と幕府の対応
Chapter 15 近世・近代の民衆運動

Part W 近現代
Chapter 16 幕末・維新期の情勢
Chapter 17 明治期の政変と大日本帝国憲法
Chapter 18 条約改正交渉
Chapter 19 徴兵制と近代の戦争
Chapter 20 税の歴史
Chapter 21 明治初期の対外関係
Chapter 22 近代の法と議会
Chapter 23 近代の貨幣制度
Chapter 24 大正期の社会運動
Chapter 25 政党政治の定着
Chapter 26 軍部の台頭と戦時体制
Chapter 27 占領期の日本
Chapter 28 戦後の農業