9月22日(木)
9月18日(日)
第3回 9月
inCXN[Ŏ iq\ZŎ
※満席の場合は受付できない可能性がありますので、ご了承ください。

対象:受験生

申込締切:9月18日(日)


フリーダイヤルからお申込の方
受付時間:月〜土12:00〜21:00 日・祝:10:00〜19:00
※携帯電話・PHSからでも無料でつながります。

※試験会場はこちらで確認できます。

5月26日   【第1回5月有名大本番レベル記述模試】 復習ツールを公開しました。

 

絶対評価と相対評価の2つのものさしで合格可能性と合格への道標を提示します。 東進模試の特徴
早期の模試受験で学力UP!

模試を初めて受験した時期によって、学力に大きな差が出ます。下のグラフは、高3・4月の「センター試験本番レベル模試」の結果を、初回受験時期が高1・10月(①)と高2・10月(②)、そして高3・4月(③)の3つに分けて比べたものです。①は③に対し76.4点、②は③に対し52.1点上回りました。これは早期の模試受験が有効であり、本格的に受験勉強をスタートするきっかけになることを意味しています。

高3・4月「センター試験本番レベル模試」平均点

まだ模試を受けていない高2生・高1生は、直近の模試に申し込むなど、今すぐ行動に移しましょう。また、高3生も同じです。残りの期間を全力で学習に取り組むことで、志望校合格を勝ち取りましょう。

高2生のロードマップ

高校生レベル(マーク・記述)模試と大学合格基礎力判定テストで学力の土台を固め、センター試験本番レベル模試には秋からチャレンジ。高2の秋から連続受験することで、入試に必要な基礎学力を身につけていきます。東大志望校は、2月に行われる東大入試同日体験受験を必ず受験しましょう。

高1生のロードマップ

高校生レベル(マーク・記述)模試と大学合格基礎力判定テストを定期的に受験して、学力を高めていきます。全国統一高校生テストとセンター試験同日体験受験は、先輩とともに入試本番同様の真剣勝負を体験する絶好の機会難関大を目指す君は必ず受験しましょう。

有名大本番レベル記述模試は、センター試験本番レベル模試とのドッキング判定を実施します。偶数月にセンター試験本番レベル模試、奇数月に有名大本番レベル記述模試と、月1回の連続受験により、志望校合格のための学力が身につきます。志望校の入試がマークシート形式のみの場合も、答えを選択肢から選ぶ訓練だけでなく想起して記述する訓練を積むことで、知識を確かなものにできます。
をマウスオーバーすると詳しい解説が出ます。

まずはここから。センター試験と同じ出題形式・レベルで本番の難易度を知ろう!

難関大入試で求められる論理力・記述力を測定。難関大の出題レベルや傾向対策に。

※有名大本番レベル記述模試と難関大本番レベル記述模試のどちらを受ければ良いかわからない場合は、東進の担任の先生、もしくは校舎窓口にてご相談ください。