兵庫県 私立 灘高等学校 卒
東京大学 理科三類

木下 航希さん

■センター試験得点 842点/900点

■センター試験得点選択科目 物理 化学 世界史

前期試験得点
(自己採点)
  英語   数学   国語   物理   化学  
開示得点 106 109 39 59 51 =364/440点
自己採点 105 100 30 56 54 =345/440点

■受験した感触・・・ やっと終わった……。長かった(英語の自己採点と開示の乖離が……おかしい、何かあったはず)。

  第1回(6月) 第2回(8月) 第3回(10月) 最終(1月)
東進ハイスクール
東大本番レベル模試
志望学類 総合点 志望学類 総合点 志望学類 総合点 志望学類 総合点
理科三類 308 理科三類 301 理科三類 315 理科三類 317
  8月 11月
志望学類 総合偏差値 判定(ABCDE) 志望学類 総合偏差値 判定(ABCDE)
東大入試実戦 理科三類 85.6 A 理科三類 76.6 A
東大即応オープン 理科三類 77.3 A 理科三類 76.1 A

勉強って難しい、継続って難しい

■受験全般でうまくいったことや思うようにいかなかったこと、勉強法について教えてください。

 高2の四月から自分の志望校を意識しはじめ、先生や先輩に相談しながら自分の勉強法というものを確立しました。 以下、各科目について思ったことと自分の勉強法を述べたいと思います。数学 やはり一問あたりの配

■東進東大特進コースについて

 東大特進では主に林修先生の現代文、苑田尚之先生の物理をとっていました。僕の現代文の受験勉強は学校を除くと林先生の授業の予復習だけで、時間の関係で他の参考書はできませんでしたが、誤った方向に進まずに済

■後輩への一言アドバイス、入試を終えて思うこと。

 個人戦のように思われる入試ですが、僕が合格を勝ち取れたのは家族、先生方、先輩方、そして友人のサポートのおかげだと思います。何も自分一人で悩みを抱え込むことはありません。今の自分の勉強法でうまくいって