東北大学 公開サイエンス講座「日本で発見!113番新元素−ニホニウム−」を開催

東北大学 公開サイエンス講座「日本で発見!113番新元素−ニホニウム−」を開催

日本で発見された113番目の新元素「ニホニウム」。この世紀の大発見についての公開サイエンス講座が、発見グループリーダーである森田浩介教授を招いて12月10日(土)に東北大学で行われる。教科書の元素周期表に書き込まれる前に「ニホニウム」の知識を先取りしてみよう。

日時

12月10日(土)13:30〜16:00(13:00開場)

会場

東北大学文科系総合講義棟2階大講義室

対象

小学生・中学生・高校生および一般

参加費

無料

申し込み

ウェブサイトまたはFAXにて

内容

  • 「ニホニウムみたいなとても重たい元素の話」東北大学大学院理学研究科准教授 萩野浩一
  • 「ニホニウム発見物語」九州大学大学院理学研究院教授 森田浩介

東北大学 公開サイエンス講座「日本で発見!113番新元素−ニホニウム−」に関する詳細は、同大学のウェブページから。

〔2016/11/29 東進タイムズ〕

東北大学を目指すなら

東北大学 関連記事

ニュース検索

最新ニュース

  • 2019/10/11

令和2年度大学入試センター試験の出願状況(受付最終日)

大学入試センターは、令和2年度大学入試センター試験出願最終受付日の10月10日(木)、出願状況を発表した。出願総数は530,917人で、前年度より6,091人減少した(17時現在)。確認はがきの送付がすでに始まっている。届いたら登録内容を確認し、訂… →もっと読む

  • 2019/10/09

大学入試センター 「志願者問合せ専用電話」を開設

大学入試センターは、令和3年度から始まる「大学入試英語成績提供システム」についての質問に応える「志願者問合せ専用電話」を開設した。受付時間は平日の9:30〜17:00。大学入試センターウェブページの「大学入試英語成績提供システムFAQ」や文… →もっと読む

  • 2019/10/07

文部科学省 「大学入試英語成績提供システム」利用予定大学を掲載

文部科学省は、9月30日時点で大学入試英語成績提供システムを利用すると回答した全国の国公私立大学・短期大学の一覧をウェブページに掲載した。利用予定大学は561校(四年制大学は483校で、そのうち国立77校、公立71校、私立335校。短期大学は78… →もっと読む

2021年に日本で開催される第53回国際化学オリンピックを見据え、京都大学では、10月19日(土)に中学生・高校生を対象とした化学の講演会を実施する。プログラムでは、最先端の化学研究の成果や元素周期表をテーマとした講演やトークセッションが予定されている。化学研究の拠点として名高い京都大学で化学への興味・関心を深め、君も化学オリンピックを目指そう!開催日時10月19日(土)14:00〜17:00開催場所京都大学 北部総合教育研究棟1階 益川ホール参加方法ウェブサイトから要事前申込(定員170名)プログラム基調講演:「一家に1枚周期表」から学ぶ科学技術の進歩講演:材料化学の新潮流―塗布できる高性能ペロブスカイト太陽電池―トークセッション:国際化学オリンピックに挑戦しよう!京都大学 講演会「京都で感じる化学の風〜明日の化学を担う皆さんへ〜」に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2019/10/07 東進タイムズ〕
  • 2019/10/07

京都大学 講演会「京都で感じる化学の風〜明日の化学を担う皆さんへ〜」を開催

2021年に日本で開催される第53回国際化学オリンピックを見据え、京都大学では、10月19日(土)に中学生・高校生を対象とした化学の講演会を実施する。プログラムでは、最先端の化学研究の成果や元素周期表をテーマとした講演やトークセッションが… →もっと読む