共通テスト受験者に朗報! 毎日受験可能に?! 英検はテストセンターで常時実施を目指す。

大学入試センター試験に代わって2020年度から始まる「大学入学共通テスト」の英語では、リスニングとリーディングをマークシート方式の「共通テスト」で実施し、スピーキングとライティングについては民間試験を活用して行うことが決まっている。

利用できる民間試験は、TOEFL iBT、TOEIC L&R / TOEIC S&W、英検、GTEC、TEAP、TEAP CBT、ケンブリッジ英検、IELTSの8種類。このうち、英検とGTECについての決定事項が発表された。

日本英検協会は、公平で厳正なる試験実施のため、学校会場に比べて高いセキュリティレベルにある「テストセンター」を全国47都道府県に設置する。また、多くの高校生が受験できるよう、「テストセンター」での常時実施を目指しているという。受験方式は3種類で、記述式と面談による従来型の英検、リスニングとリーディング はコンピュータを使用し、ライティングは記述式で受験する英検2020 1day S-CBT、4技能すべてをコンピュータで受験する英検CBTがあるが、常時受験できるようになるのは英検2020 1day S-CBTと英検CBT。1回の検定料は受験する級によって異なり、3,000〜9,500円。

一方、GTECは、全国47都道府県に約700の試験会場を設けることを予定している。年4回の実施で、2020年度は6月14日、7月19日、10月4日、11月1日に決まった。試験は中2〜中3レベルのAdvanced、中3〜高2レベルのBasic、高1〜高3レベルのCore、高2後半〜高3レベルのCBTの4タイプに分かれており、Core、Basic、Advancedは団体申し込み、CBTは個人申し込みでの受付となっている。1回の受験料はタイプによって異なり、6,700〜9,720円。

いずれの検定も実施会場については増設される見込みだが、毎日受験が可能になる英検は受験生にとってチャンスが増えるのでありがたい。申し込みが随時個人でできることをなども考慮すると、英検の利用価値がより高まりそうだ。

〔2019/05/24 東進タイムズ〕

難関大現役合格を目指すなら

  • 各大学の基本データから、周辺の家賃相場までわかる「大学案内」を活用しよう!!
  • 難関国公立・私立大入試で求められる論理力・応用力を測定、演習「難関大本番レベル模試
  • 見事現役合格を勝ち取った先輩たちの合格体験記

ニュース検索

最新ニュース

立命館大学は2020年5月19日に立命館創始150周年、学園創立120周年の記念日を迎える。それに伴い、立命館大学教養教育センターが主催する記念シンポジウムが、2020年5月24日にストリーミング配信で開催されることとなった。社会の変化が目まぐるしい今日、あなたがどう生きるかが問われている。パネルディスカッションを通じて、研究の世界を覗いてみよう。進路選択の手助けになるかも知れない。シンポジウムは参加費無料の事前予約制で定員500名。当日は、東京大学先端科学技術研究センターの熊谷晋一郎准教授や、東京工業大学の上田紀行教授など文系・理系両分野の教授が登壇する。東西の研究者の知の終結があなたの価値観をときほぐす!この時代・社会に生きるための「知性」とは何か考えてみよう。 開催日 5月24日(日)14:00~ 参加費 無料 開催方法 ストリーミング配信・事前予約制 申込締切 5月20日(水)23:59詳細は、立命館大学のウェブページから。〔2020/05/14 東進タイムズ〕
  • 2020/05/14

立命館大学 創立120周年記念シンポジウム ライブストリーミング開催決定

立命館大学は2020年5月19日に立命館創始150周年、学園創立120周年の記念日を迎える。それに伴い、立命館大学教養教育センターが主催する記念シンポジウムが、2020年5月24日にストリーミング配信で開催されることとなった。社会の変化が目まぐるし… →もっと読む

英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は24日、世界大学ランキング 日本版を発表した。4回目にして東北大が初めて総合1位となり、京都大が2位、東京大学と東京工業大学が同率で3位となった。世界大学ランキングでは研究力が重視されるほか、日本版では教育の充実度や成果、国際性などが重視されている。東北大では国際性が重視され、東工大では国際性のほか、教育の充実度などが評価され、昨年から大きく順位を上げた。詳細は、「THE世界大学ランキング日本版2020」のウェブページから。〔2020/03/26 東進タイムズ〕
  • 2020/03/26

世界大学ランキング 日本版 東北大学1位、東京大学3位

英教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は24日、世界大学ランキング 日本版を発表した。4回目にして東北大が初めて総合1位となり、京都大が2位、東京大学と東京工業大学が同率で3位となった。世界大学ランキングでは研究力… →もっと読む

東京大学は、「令和3年度東京大学入学者選抜(学校推薦型選抜)に関する予告について」を公表し、2021年度入試から推薦入試の要件を変更することを発表した。これまで1校が推薦できる人数は「男女各1人、合計2人まで」だったが、2021年度入試からは、「合計4人までとし男女各3人以内」となる。同大学では平成28年度入試より推薦入試を実施しており、推薦要項変更の理由を、「高等学校等における受験希望者数に配慮しつつ、受験生の多様性を高め、学部教育の更なる多様化・活性化をはかるため」と説明している。詳細は、同大学のウェブページから。〔2020/03/19 東進タイムズ〕
  • 2020/03/19

東京大学 推薦入試の要件を「1校から4人まで」に変更

東京大学は、「令和3年度東京大学入学者選抜(学校推薦型選抜)に関する予告について」を公表し、2021年度入試から推薦入試の要件を変更することを発表した。これまで1校が推薦できる人数は「男女各1人、合計2人まで」だったが、2021年度入試か… →もっと読む

明治大学では、2019年度の公認会計士試験の大学別合格者数が87名で、2017年度より3年連続の3位となった。注目すべき点は、現役合格率が全国平均40.6%に対して大学全体で50.5%、さらに同大学の経理研究所在籍者の現役合格比率が89.4%を記録したことである。明治大学経理研究所では、公認会計士の資格取得を目指す学生に向けて手厚く細やかなサポートを用意している。こうした学生の資格取得のための大学の取り組みも、志望校選びの基準の一つとなりそうである。詳細は、同大学のウェブページから。〔2020/03/06 東進タイムズ〕
  • 2020/03/06

明治大学 公認会計士試験大学別合格者数3年連続3位

明治大学では、2019年度の公認会計士試験の大学別合格者数が87名で、2017年度より3年連続の3位となった。注目すべき点は、現役合格率が全国平均40.6%に対して大学全体で50.5%、さらに同大学の経理研究所在籍者の現役合格比率が89.4%を記録した… →もっと読む