>
>
2014年04月01日号 1面
  • 東進タイムズ 2014年04月01日号 1面

難関大現役合格なら「高2の3月までに志望校決定」は必須条件!

 今年で13年目を迎えた、東進タイムズ編集部の独自調査「合格発表会場アンケート」。東大をはじめ難関・主要国公立大を中心に行った本調査で合格発表直後の受験生の本音の回答を得ることができた。さらにインターネット上でのアンケートも並行して実施し、北海道から九州、沖縄まで全国各地の受験生からより多くの声を集めることができた。

 難関大現役合格の秘訣を徹底的に調べた本調査の速報として、新学期を迎えたばかりの今、皆さんにとって最も知りたいであろう「合格の条件」を浮き彫りにしていく。

難関大現役合格者「高2の3月までに志望校決定」69.4%

今年、難関大(欄外参照)に現役合格した受験生は、どのように受験勉強に取り組んでいたのだろうか。まずは、志望校を決定した時期から調査結果を見ていこう。

下の資料1のデータをみると、「高1の3月まで」が35.0%、「高2の3月まで」が34.4%、「高3の1学期」が20.4%、「高3の夏以降」が10.2%であった。つまり、「高2の3月まで」に志望校を決定した合格者が全体の69.4%、約7割を占めていたのである。

資料1

一方で不合格者のデータを見てみると、こちらは「高1の3月まで」が29.1%、「高2の3月まで」が38.4%となっており、「高2の3月まで」に志望校を決定した人は合格者を下回ったがそれほど差異はなく、また高3以降に決定するのは少数派であったことがわかった。

難関大現役合格を目指すなら、できれば志望校を「高1の3月まで」に決定しておきたい。

では次に、合格を勝ち得るためには何が必要なのか。いつから受験勉強を開始し、具体的にどのように取り組んでいたのだろうか。次のP.2~3で、もっと詳しくデータを見てみよう。

【このアンケートについて】
●調査方法
各大学の合格発表会場、インターネット上で実施。また、東大など、掲示板による合格発表を行わない大学については合格発表直後に個別にアンケートを実施。
●調査大学(難関大)
(1)国立大学:東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、東京医科歯科大学、東京工業大学、一橋大学、東京外国語大学
(2)私立大学:早稲田大学、慶應義塾大学
●分類方法
(1)サンプル数723件 有効回答数691件
(2)数字はすべて、無回答を除く100%表示とした。

最新ニュース

  • 2019/06/12

文部科学省 令和3年度大学入学共通テスト実施大綱を公開

文部科学省は、6月4日(火)に通知した令和3年度大学入学共通テスト実施大綱および令和3年度大学入学共通テストの英語成績提供システム運営大綱をウェブページに公開した。令和3年から実施される共通テストについて、大学入試センターが発表した方… →もっと読む

  • 2019/06/07

大学入試センター 令和3年度大学入学共通テストの出題教科・科目の出題方法等及び問題作成方針を公表

大学入試センターは、令和3年度に実施される大学入学共通テストについて、出題教科・科目の出題方法等及び問題作成方針を公表した。国語は100分200点満点で、記述式問題として小問3問で構成される大問1題を出題し、最も長くて80〜120字程度を上限… →もっと読む

  • 2019/06/07

大学入試センター 令和2年度大学入試センター試験実施要項を発表

大学入試センターは、令和2年度センター試験の実施要項と試験出題教科・科目の出題方法等を発表した。試験実施日は令和2年1月18日(土)・19日(日)、追・再試験実施日は令和2年1月25日(土)・26日(日)。大学入試センター試験の実施に関する細… →もっと読む

  • 2019/06/05

文部科学省 大学入学共通テストの実施大綱を通知

文部科学省は4日(火)、大学入学共通テストの実施大綱を大学や教育委員会などに向けて通知した。共通テストは、予見の困難な時代の中で新たな価値を創造する力を育てるため、知識・技能だけでなく思考力・判断力・表現力を重視する入試改革の柱と… →もっと読む