>
>
2017年11月01日号 1面
  • 東進タイムズ 2017年11月01日号 1面

目指せ!センター得点率難関大なら8割必達!!

 センター試験まであと2カ月あまり。今号では、昨年度の東進生の受験結果を分析し、センター試験の得点率と合否との相関関係を分析した。また、志望校対策への取り組み方で合格率が高まることを明らかにした。受験生は、入試当日まで学力を伸ばせるよう、センター試験対策・志望校対策に徹底的に取り組んでほしい。

得点率5%の違いで、合格率は劇的に変化

まずは、資料1を見てほしい。

 資料1

これは、2017年にセンター試験を受けた受験生(東進生)の得点率と合格率の関係を示したものである。どの大学グループもきれいな階段状のグラフとなっている。つまり、得点率5%で刻んだ集団においては、例外なく「センター試験の得点率が高い人ほど合格率も高い」ということである。

さらに、グラフをよく見ると、早慶のグループでは、得点率が90%以上でも合格率は約6割であり、得点率が90%を下回ると合格率は3割に満たないことがわかる。難関私大は科目数が少なく、さらに合格者数絞り込みの影響でこれまで以上に高得点が求められているようだ。

 

センター試験の平均点は例年約6割であるが、そのレベルではここに紹介する難関大への合格は至難の業ということだ。難関大を目指すなら、最低でもセンター試験で8割以上を得点できるようにしておきたい。

もし今目標に届いていないならば、まず基礎を修了させつつ、志望校の合格ライン突破を目指して、1分1秒をムダにせず学習に取り組もう。

徹底した志望校対策が難関大合否の鍵を握る

志望校対策として過去問演習の重要性は、9~10月号で繰り返し述べた。今号では、答案作成練習量と合格率の関係を分析した結果を紹介しよう。

資料2

資料2は、東進の「志望校対策特別講座」のうち「記述型答案練習講座」に取り組んだ量別の難関国立の合格率だ。

この講座は、国公立二次や私大入試に必要な答案作成力の向上を目的としている。授業を受けたあとに記述・論述問題を解き、答案を提出して添削指導を受け、得点できる解答力をつけるのが特長だ。

取り組みによる違いを見るため、講座受講者を答案提出率で3つのグループに分けて比較した。提出率が高ければ高いほど、合格率も高くなっていった。

試験本番までの限られた時間でセンター試験対策と並行して万全な志望校対策を行うことは容易ではない。だが、このグラフでもわかるように記述対策はしっかり訓練することが重要だ。次のページで答案作成力向上のための具体的な方法を紹介しているので、ぜひ参考にして積極的に取り組んでほしい。

【データについて】

<資料1> I.難関国立:東京大・京都大・北海道大・東北大・名古屋大・大阪大・九州大・東京医科歯科大・東京工業大・一橋大・国公立大医学部  II.一般国公立:I以外の国公立大(医学部のぞく)  III.早慶:早稲田大、慶應義塾大  IV.有名私大:上智大・東京理科大・明治大・青山学院大・立教大・法政大・中央大・関西学院大・関西大・同志社大・立命館大、日本大、東洋大、駒澤大、専修大、京都産業大、近畿大、甲南大、龍谷大

対象・定義:2017年の大学入試において難関国立を受験した東進生のうち、2016年の「全国統一高校生テスト」で得点率80%以上かつ「記述型答案練習講座」を受講した生徒。

最新ニュース

  • 2018/01/17

平成30年度大学入試センター試験(本試験)の平均点等一覧(中間集計)

大学入試センターは1月17日(水)、平成30年度の大学入試センター試験(本試験)の受験者数・平均点・最高点・最低点・標準偏差(中間集計)を発表した。中間集計の対象となった受験者数は、全志願者582,671人中260,827人。さらに、1月19日(金)… →もっと読む

  • 2018/01/13

大学入試センター試験 全国で始まる

 2018年度 大学入試センター試験が1月13日(土)午前、全国会場で始まった。今年度のセンター試験志願者数(確定)は、現役高校生・既卒生合わせて582,671人(大学入試センター発表)。昨年度から6,704人の増加となった。センター試験を利用するのは848… →もっと読む

  • 2018/01/12

大学入試センター試験 いよいよ明日から

平成30年度大学入試センター試験が、ついに明日からの2日間実施される。受験生は当日の天候や交通状況の影響を考慮し、時間に余裕をもって会場へ向かおう。また、試験本番で慌てず最大限の実力を発揮するためにも、もう一度「受験上の注意」に目を… →もっと読む

東京理科大学では、1月28日(日)に実施される「宇宙教育プログラム」の講義の聴講者を一般から募集している。「宇宙教育プログラム」とは、選抜された高校生・大学生が講義・実習・体験・交流を通して最先端の宇宙科学技術を学び、その修得を目指す9ヵ月間のカリキュラム。今回の講義はその一部が一般に公開される嬉しい機会。君も宇宙開発の世界へいざなわれよう。実施日 1月28日(日)募集期間1月26日(金)9:00まで(定員になり次第締切)実施場所東京理科大学 神楽坂キャンパス 2号館1階 211教室定員110名(申込順)実施内容受付9:40〜9:55講義10:00〜11:30「表面張力の不思議 宇宙を舞台にした流体物理実験」(仮題) 上野一郎教授(理工学部機械工学科)        11:40〜13:10 “My Life in Space”(仮題)ダン・タニ氏(アメリカン・スクール・イン・ジャパン、宇宙飛行士) 14:00〜16:00「微小重力環境利用を支える運用者と地上システム」新井光男氏(TISソリューションリンク株式会社宇宙システム事業部) 申込方法ウェブサイトより申込東京理科大学 「宇宙教育プログラム」の聴講者を募集に関する詳細は、同大学のウェブページから。〔2018/01/05 東進タイムズ〕
  • 2018/01/05

東京理科大学 「宇宙教育プログラム」の聴講者を募集

東京理科大学では、1月28日(日)に実施される「宇宙教育プログラム」の講義の聴講者を一般から募集している。「宇宙教育プログラム」とは、選抜された高校生・大学生が講義・実習・体験・交流を通して最先端の宇宙科学技術を学び、その修得を目指… →もっと読む



バックナンバー



「憧れの職業を追え!」アーカイブ

全国の天気

北海道
宮城
東京
愛知
京都
大阪
福岡
沖縄

お役立ち情報|予備校・大学受験の東進

入試情報を完全網羅!
全185大学の過去問を無料閲覧!
自分に合った志望校を探そう!
28講義を一挙公開!
志望校合格を目指す生徒と
そのご父母のための大学進学情報
進路指導にご活用ください。
模試のお問い合わせも可能です。
全国の小学校から大学までの
ピンポイント天気をチェック!
国公立・私大の文理系統別難易度を一発表示
ご父母のための教育情報サイト
「何を究めるか」から始まる本当の志望校選択
東進から新アプリ!「英単基本例文300」
若手研究家に贈られる永瀬賞受賞記念
フロンティア精神に溢れた世界に誇れる日本を創ろう。
教育改革の実現に向けて、全国の先生方と共に学びませんか?
世界で活躍するリーダーを目指す東進生諸君へ。
世界は、結構カンタンに近くなる。